1. トップページ
  2. 温泉天國のススメ
  3. 神鍋温泉・ゆとりぎ

兵庫県

かんなべおんせん・ゆとりぎ

神鍋温泉・ゆとりぎ

道の駅に併設された高原の癒しステーション
兵庫県の北部にある神鍋高原は大自然に囲まれたのどかで優雅なところです。田畑や森林に囲まれながらも、冬場はスキー客でにぎわう人気のスポットです。もちろんスキー以外も、登山やハイキング、キャンプや釣りなど、四季を通じてレジャーを楽しめるエリアとなっているようです。夏休みを利用した旅行の道中でこの地域を通りかかることになりました。国道482号線を走っていたところ、休憩がてら立ち寄ったのが道の駅神鍋高原でした。何か目新しいものはないかと館内を散策していると、その奥に温泉施設があるのが見えました。ここに温泉施設があるのは知っていましたが、特に立ち寄るつもりもなく、ただ土産物を探して立ち寄っただけなのですが、そこに温泉があるとついつい入りたくなってしまうもので、吸い寄せられるようにして温泉施設に足を踏み入れてしまいました。温泉施設は道の駅の館内の奥というか裏側です。その裏側にも温専用の駐車場があるようでした。館内はとても綺麗でクールな印象です。脱衣所はロッカーが並び、近代的な一般の浴場といった感じです。日帰り温泉施設というより、どこかのホテルの浴場といった印象を受けました。浴室に入るとこちらもクールでスタイリッシュな雰囲気で、黒を基調とした御影石のタイルで統一された内湯です。洗い場にはボディソープ、シャンプー、コンディショナーが備え付けられ、設備も十分です。内湯には内側にサウナ、そして水風呂、寝湯と続き、窓側には大きな主浴槽がありました。いたってシンプルな感じです。湯舟の湯は無色透明のサラッとした湯で、ややツルッとした浴感のある湯です。特に癖のない軽やかな湯という印象を受けました。外には露天風呂もあります。露天は岩で周囲を囲った岩風呂で、内湯とは対照的にワイルドな雰囲気がありました。ちょっとした中庭というか小さなスペースが目の前にあるだけで、高い塀に囲まれているので見晴らしは良くありません。のんびりと外の風を浴びながら入浴するのが気持ちいいですね。あと、気になったのが露天の片隅にある大きな卵型のオブジェです。60センチ以上はあるでしょうか、けっこう大きな白い物体です。見るからに鶏卵のような形をしています。これは照明でしょうか。どうして卵の形をしているのでしょう。謎は深まるばかりです。そんな感じでついつい立ち寄ってしまった道の駅の温泉ですが、意外と楽しめてのんびりとしてしまいました。また、浴後はけっこうゆったりとした広間もあって、エアコンも効いているし、快適に過ごせます。真夏の真っ盛りに訪れたのですが、予想外に客は少なかったです。おかげでゆっくりと過ごすことができ、ドライブの疲れを癒すことができました。
掲載: 2020/04/19
Data
  1. 所在地:兵庫県豊岡市日高町栗栖野
  2. 入浴 :2019年8月
  3. 泉質 :アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
  4. 泉温 :源泉27.8度
  5. 湧出量:毎分429リットル
  6. PH :8.95
  7. 蒸発残留物:0.256g/kg
  8. ラドン含有量:6.0Bq/kg(0.4マッヘ単位)
  9. 形態 :道の駅併設の温泉施設 男女別
  10. 効能 :疲労回復、健康増進、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態など
  11. 露天風呂:あり
  12. 開放度:☆☆☆
  13. 清潔度:☆☆☆☆
  14. 気軽度:☆☆☆☆
  15. 景色 :☆☆
  16. 総合評価:☆☆☆