駒の湯温泉・駒の湯源泉荘(静岡県) 
こまのゆおんせん・こまのゆげんせんそう

DATA
所在地静岡県伊豆の国市奈古谷
源泉名駒の湯3号泉、奈古谷16号
入浴 2017年7月
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
泉温 源泉39.4度
湧出量毎分203リットル
PH 9.0
蒸発残留物0.160g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
湯治度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

伊豆半島の付根中央部分、三島駅からもクルマで30分もかからないくらいのところに、駒の湯源泉荘という日帰り温泉施設があります。前々からここに温泉施設があるのは知っていたのですが、なかなか訪れる機会がなく、ふとホームページをみたら、間もなく閉館してしまうと書かれていて、びっくりして慌ててやってきました。時代の流れの変化によって、温泉のニーズや経営環境が変わっての閉館だそうです。
湯量豊富で名湯と呼ばれる温泉のひとつのようですが、何とも寂しいものです。ナビを頼りにやってくると、田畑や住宅街を抜け、山に入ってすぐのところ、渓流沿いのとても静かな場所にありました。日帰り温泉施設ということで、もっと垢抜けたような施設を想像していたのですが、見た目は普通に旅館です。畑毛温泉にある駒の湯本家が昭和52年(1977)に建てたものだそうで、開業当時は温泉旅館として建てられたようですね。
「ぬる湯の名湯」と書かれた看板もなかなか味が出ていて、とても期待が持てます。ちなみに宿の目の前には手湯と足湯がありましたが、こちらは休止中ということで、湯は入っていませんでした。さっそく館内に入り、温泉を楽しみます。利用時間によって値段が変わるようで、いくつかのコースにわかれていました。一番短いのは45分ですが、さすがにそれだと短いので80分のコースにしました。時間の書かれた入浴券が手渡され、帰り際に確認されるようです。
浴場は廊下の突き当たりにありました。わりと簡素な雰囲気ながらも広めの脱衣所で、ガラス戸をあけると内湯です。浴室はどうやら円形の形をしているようで、弧を描くように外側に湯舟が並んでいました。壁の向こうのもう半分は女湯になっているようです。湯舟はいくつかに区切られていて、数えてみると5つありました。それぞれ温度が違うようで、かなりぬるいのもあれば、そこそこ暖かいものまで、でも全体的にぬるめです。
無色透明のきれいな湯がそのまま溢れ出して床一面に広がっている様はなかなかのものです。体を沈めると、ぬるいながらも何だかグッとくる重たい感じがあります。湯はサラサラとしているのですが、何だか妙に疲れる湯でした。大人しそうに見えて、なかなかパンチの効いた湯のようです。ここでゆっくりと浸かったところで露天風呂にも行きたいです。ところが露天はすぐ窓の下にあるのですが、浴室からは行くことができません。
いったん服を着てから廊下の脇にある通路を通り、浴室の下を抜けるようにして行った先にありました。こちらもいくつかの湯舟があります。段差を利用した岩風呂で、一番上が暖かく、中ほどの段に薬湯、そして一番下側には打たせ湯がありました。広くはありませんが、渓谷沿いの静かな雰囲気が悪くありません。薬湯は、洗濯ネットの中に木の屑のようなものが詰まっていました。人工的な入浴剤ではないところがいいですね。
80分というのも短いようで、あっという間に時間となりました。ちなみに以前は道路の向い側に露天の混浴風呂があったそうです。事故防止のために休止となったそうですが、雰囲気が良さそうな場所なので、時間帯による交代制でもいいので残しておいて欲しかったですね。これで閉館ということでもう利用することはできないようですが、とてもいい雰囲気なので惜しいです。と、思っていたら、どうやら経営者が変わって営業再開だそうです。よかったです。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.