かみす若松温泉・ゆ〜ぽ〜とはさき(茨城県) 
かみすわかまつおんせん・ゆーぽーとはさき

DATA
所在地茨城県神栖市砂山
源泉名かみす若松温泉
入浴 2017年6月
泉質 弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉(等張性)
泉温 源泉24.2度
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

茨城県の南東端、銚子の対岸にあるのが神栖市です。利根川と鹿島灘に囲まれた細長い平地で、牧歌的にのんびりとした静かなところです。この辺はあまり温泉資源の少ないところで、なかなか温泉めぐりの候補地にはなりにくい場所ですが、市営の温泉施設があるということで、釣りのついでにやってきました。ナビを頼りにやってくると、その施設はどうやら大きな工業団地の一角にあるようでした。
区画が大きいので、最初はどこが入口かわからなかったので、ぐるりと一周してしまいました。どうせ大きな看板でも出ているのだろうと思って油断していたのですが、意外と小さな看板で、サッカー場に隠れるようにしてあるような印象をうけました。通りから中に入るとサッカー場や野球場があり、その奥に温泉施設がありました。とてもひっそりりとした場所にあるわりには、それなりに大きな施設です。
館内に入るとロビーと受付、そして大きな休憩室があります。休憩室は食事もできるようですが、常連さんたちは大きな荷物を持って寛いでいるようです。飲食物の持込が許されているのかもしれません。浴場は館内の一番奥にありました。脱衣所はコイン返却式のロッカーが並びます。まぁ、いたってシンプルな感じですかね。浴室に入ると、ボディソープ、リンスインシャンプーの用意された洗い場が内側にあり、そして小さな湯舟が2つ、窓際には大きな湯舟があります。
小さな湯舟は手前が無色透明の湯、そして隣はエメラルドグリーン色をした入浴剤入りの湯舟でした。入浴剤は「玉露・カテキン配合」と書かれています。滑らかな肌へと導く効果があると書かれていました。入浴剤は日替わりで変わるようで、その他、どくだみやラベンダー、じっこうなどになるそうです。窓側の大きな浴槽は天然温泉の湯舟となっているようです。とてもクリアな透明感があるものの、ジャスミン茶のような山吹色っぽいような黄色をした湯です。
見た目にとても綺麗な湯です。さっそく浸かってみると、軽くツルッとした浴感があり、そしてじんわりとしみわたるような湯です。そしてジワジワと熱くなってくるような感覚があり、何だろうと思ったら塩分を多く含む温泉のようです。ちょっと舐めてみると、やはり塩辛い湯でした。しょっぱいわりには軽い湯なので、ドシッと疲れるような感じではなくとても入りやすい印象です。ガラス窓の外側には露天風呂がありました。
露天へはサウナと水風呂のある脇の通路から出るようです。露天はごろ太石をコンクリートで固めた岩風呂で、内湯と同じように綺麗な色をした天然温泉です。露天の正面には庭木が植わり、景色は望めないものの、それなりに開放的な空間です。ここで気になったのが、湯舟の縁の岩の色です。どれも真っ白なのです。いや、真っ白くコーティングされているのです。温泉の成分によるものなのでしょうが、これだけ真っ白くなるほど成分が濃いのでしょうね。
今回は土曜の真っ昼間に訪れましたが、意外と空いています。常連さんたちも、今日は比較的空いていると話していましたが、最近利用者が減っているみたいなので潰れないといいけどと心配していました。お湯も個性的で、シンプルだけど決して悪くはない施設なので、まさか潰れるような心配はないのかなと思いました。単なる宣伝不足なのかもしれません。元がいいので、またきっと盛り上がることでしょう。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.