飯岡温泉・グロリア九十九里浜(千葉県) 
いいおかおんせん・ぐろりあくじゅうくりはま

DATA
所在地千葉県旭市下永井
入浴 2017年6月
泉質 ナトリウム炭酸水素塩泉
形態 ビジネスホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

外房、九十九里浜の北部に飯岡刑部岬の近くにグロリア九十九里浜というビジネスホテルがあります。飯岡漁港のすぐ目の前に建ち、正面には公園、右には浜辺と、海を満喫するには最高のロケーションにあります。ここには天然温泉の飯岡温泉があり、しかも外来入浴OKということで、さっそく訪れてみました。ナビに従ってやってくると、国道から少し逸れた海岸道路沿いにありました。
ビジネスホテルということで、鉄筋のそれなりに大きな建物がありますが、全体的には小ぢんまりとした印象のものです。建物の入口には外来入浴の営業時間なども掲げられていたので、積極的に入浴も受け付けているようです。館内に入るとすぐフロントがあり、そこで受付をして入浴します。平日の夕方に訪れたのですが、ちょこちょこと宿泊客がチェックインする中、入浴客はあまりいないようでした。
浴室は階段を上がった2階にありました。脱衣所に入ると、狭くはないけど縦に細長いスペースで、簡易的な鍵の架かるロッカーが少しありました。全体的に小ぢんまりとしていますが、ビジネスホテルとしては大浴場があるだけ立派なものです。それも天然温泉なのだから魅力的なポイントですね。さっそく浴室に入りますが、入った瞬間に「狭っ!」と思ってしまう狭隘な雰囲気があります。
しかし、よく見ると、狭い通路があってその奥に浴室があるようです。これまた奥に細長い浴室です。通路の先には洗い場があり、そして一番奥に湯舟がありました。洗い場にはボディソープとシャンプーとリンスが用意してありますが、それぞれ手書きで書かれていて、地方の民宿のような手づくり感満載です。体を流したところで湯舟に向かいますが、何だか様子が妙です。
なんと真っ黒な湯なのです。透明度は10センチほどでしょうか、コーヒーのような焦げ茶色をした湯です。内湯にはバブルがついていて、その泡が手前の方に垢のように浮いていたのが汚らしくみえますが、それはそれで温泉らしさがあっていいものです。さっそく足を入れてみると、その瞬間につるりんとした浴感が包み込みました。
脱衣所のところに滑りやすいから注意と書かれていましたが、なるほどこれはかなりのつるつる感です。全身浸かると、つるっつるっの滑らかな感触にうっとりするほどです。色はそうとう濃く、つるつるの浴感が印象的ですが、臭いや味覚はあっさりとしていて、とても馴染みやすい湯なので、非常に入りやすいです。ちなみに湯舟は浴室の奥に詰め込むような形であるので、何となく生簀のような雰囲気はありますが、それはそれで愛嬌ですね。
内湯の外側には露天風呂もあります。内湯の窓のところに扉があり、そこから出入できるようになっていました。外に出るとけっこう小さなものですが、内湯と同じように真っ黒な湯があります。ちょうど心地いい風が吹いていて、いつまでも入っていたくなるような湯加減も合い重なってとてもいい感じです。露天はベランダ状になっているので、その手すり越しに港も見えます。
また、湯舟に浸かりながらも外が見えるようにと、ちょうど目線のあたりに隙間が設けられていました。目の前の港を眺めながら、のんびりとした気持ちでリラックスできました。ここはいろいろと便利な場所にあるので、今度は何かの機会に泊まりで来ようかと思います。それぐらい個性的に気に入る泉質でした。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.