土肥温泉・民宿美浜(静岡県) 
といおんせん・みんしゅくみはま

DATA
所在地静岡県伊豆市土肥
源泉名土肥温泉(混合泉)
入浴 2017年5月
泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
泉温 源泉54.3度
PH 8.3
形態 温泉民宿 貸切混浴
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

伊豆半島の西海岸、土肥金山で栄えた歴史ある町に大きな温泉街があります。金山の坑口から湧き出た温泉を利用したのが始まりと伝えられる土肥温泉です。江戸初期の慶長年間(1596-1615)に開湯したという、西伊豆の中でも歴史の長い温泉地です。今では金山の坑道は観光スポットとなり、また海岸は海水浴客で賑わう人気の温泉地となっています。湯量豊富な温泉地ということもあり、たくさんの旅館やホテルが建ち並んでいます。「美浜」はビーチのすぐ目の前に建つ素朴な民宿です。
海からあがってすぐの好立地にあるので、夏は海の家にもなるそうです。見た目には質素な民宿ですが、湯量豊富な土肥温泉だけあって、この民宿にも温泉が引かれているようです。そういえば、すぐ近くには共同浴場の「屋形温泉共同浴場」もあります。温泉好きにとってもいい場所にあるようです。今回は西伊豆観光の拠点として、宿泊で利用してきました。チェックインを済ませてさっそく温泉三昧とすることにします。小さな民宿ですが、ここの宿には浴場は2ヶ所ありました。
2ヶ所あるといっても、男湯と女湯に分かれているのではなく、空いているときにそれぞれ貸切で利用するスタイルでした。浴室は建物の2階、南側の角にあります。大きい浴室と小さい浴室となっていて、まずは小さい浴室に入ってみます。脱衣所はまぁ、狭いなりに小ぎれいにしてあります。けっして新しい宿でもないので多少の年季は入っていますが、かなり清潔的に保たれている感じはあります。浴室は大人が2人入るには厳しいくらいの湯舟がひとつだけです。
しかし、家庭用のバスタブのようなつまらない湯舟ではなく、伊豆石なのでしょうか、サラッとした石ブロックで囲われた、石造りの湯舟で、とても風情があります。狭い上にまわりの壁の模様がやや奇抜なので、妙な圧迫感はありますが、ゆっくりと湯を楽しむのには特段の影響ありません。湯は無色透明の綺麗な湯で、蛇口から熱い湯がトロトロと掛け流されています。湯量は調節できず、ずっと流れっぱなしになっています。
高温なので湯舟の湯もそれなりに熱いのですが、湯舟が小さいのでちょっと加水すればすぐ適温になります。また、湯の底の方は少しぬるくなっていたので、攪拌するだけでも少し熱めだけどちょうどいい感じになりました。さっそく湯舟に浸かると、ドバーッと豪快に湯が溢れ出すのは見ていて気持ちいいし、何とも贅沢な気分になります。湯量豊富な天然温泉だからこその贅沢ですね。外側には窓がありますが、開けるとテラスのようになっていました。
隣の大きい浴室と一緒のテラスなので、うっかり裸のまま出ると恥ずかしい思いをするかもしれないので注意が必要です。テラスは海とは反対側にあるので、景色は楽しめませんが、夜間なら星空を見ることもできます。続きまして大きい浴室の方は3〜4名ぐらいなら余裕で入れる大きさの湯舟があります。小さい方と同じように石造りの湯舟で、こちらも雰囲気は悪くありません。また、こちらは蛇口ではなく、壁側の湯口からトロトロと流れるようにして湯舟に注がれていました。
湯舟が大きい分だけ、熱い場合は温度調整が難しいようです。次の利用者のことも考え、あまり加水しすぎないようにしたいところですね。それから、この宿はシャンプーやボディソープ類が充実しているのが面白いです。けっこう小さなことですが、こういうのが選べるのってとっても気が利いているように感じます。気が利いているといえば、ここの料理もすごく良かったです。料金の割りに豪華で美味しいとのクチコミに釣られてやってきたのですが、なるほど夜は金目鯛の煮付けやサザエのつぼ焼きなども付いてきて、船盛も豪華。民宿ならではのもてなしが非常に気に入りました。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.