柿崎上下浜温泉・マリンホテルハマナス(新潟県) 
かきざきじょうげはまおんせん・まりんほてるはまなす

DATA
所在地新潟県上越市柿崎区上下浜
入浴 2017年5月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉
泉温 源泉38.4度
湧出量毎分77リットル
PH 7.5
蒸発残留物13960mg/kg
形態 観光ホテル 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

新潟県上越市、上越市街地からクルマで30分ほど、日本海に面した上下浜は釣りや海水浴で人気のある砂浜の海岸です。以前から何度も釣りをしにこの海岸を訪れたものです。今回は釣りと温泉を目的にGWの終わりにやってきました。この上下浜には海岸を望むようにマリンホテルハマナスという第3セクターの運営による立派な宿泊施設があります。
LEGOブロックで作ったかのような立体的な形をした大きな建物で、モダンな雰囲気がありました。今回は隣接するはずの「ハマナスふれあいセンター」に立ち寄ろうと思ったのですが、いざ辿り着いてみると姿も形もありません。調べてみるとボイラー故障で2014年から休館していて、その後に取り壊されてしまったようです。
その代わり、このマリンホテルハマナスでも入浴ができるとのことで、こちらで入浴するこにしました。館内に入ると、フロントで入浴の受付を行いますが、その際には玄関前でスリッパに履き替えるようです。浴場はエレベータを上がった4階にあり、2階には休憩室、1階の奥にはレストランもあり、日帰り入浴としても十分に楽しめる要素がありました。
4階にあがると廊下の先に浴場入口があり、その脇に貴重品用のロッカーが設けられていました。脱衣所はオーソドックスですが、わりと小規模です。もともと別に温泉施設があったので、宿泊者がメインと考えればこれくらいの規模なのかもしれません。混雑を考慮してなのか、夕方の時間は宿泊者専用タイムとなっているようでした。
ちなみに上下浜といえば夕方には日本海に沈む夕日も楽しめるところ。ということで、そのゴールデンタイムにはきっといい景色が楽しめることでしょう。浴室もいたってオーソドックスで、窓際に湯舟、奥側に洗い場があります。湯舟はひとつだけですが、4階からの眺めということで窓からの見晴らしが抜群です。ちょっと湯気で曇っていて、また生憎の雨模様だったので、真下の海岸とモヤのかかった海しか見えませんでした。
しかしながら、この鳥瞰図のような景色はなかなかのものです。湯舟の湯はウグイス色と山吹色を混ぜたような、ちょっとくすんだ色をしています。また、独特の温泉臭もあり、とても個性的な湯のようです。さっそく浸かってみると、すごくサラサラとして湯でそれでいてかなり塩辛い湯のようです。塩分を多く含むので、少し浸かっていると体がよく温まります。
また、湯舟の中にはオレンジ色をした綿ぼこりのようなモコモコとしたものがいくつも浮遊しています。おそらくこれは温泉の成分によるものなのてしょう。まったく汚らしくは感じず、とても好印象です。温泉気分も十分に楽しめ、そしてゆったりと快適に過ごせました。とてもいい場所にありながら、わりと空いているので、また是非とも利用したいと思います。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.