内灘砂丘放水路温泉・内灘町サイクリングターミナル(石川県) 
うちなださきゅうほうすいろおんせん・うちなだまちさいくりんぐたーみなる

DATA
所在地石川県河北郡内灘町宮坂
源泉名内灘砂丘放水路温泉(1号源泉)
入浴 2017年5月
泉質 ナトリウム−塩化物泉
泉温 源泉41.6度
湧出量毎分190リットル
PH 7.1
蒸発残留物6.297g/kg
形態 サイクリングターミナル 男女別
効能 きりきず、抹消循環障害、冷え性、うつ状態など
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
異色度☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

金沢市の北、河北潟と内灘砂丘の間の高台に内灘町の運動施設があります。野球場やサッカー場をはじめ、テニスコートや温水プールなど、大型の総合運動公園として整備され、その一角に内灘町サイクリングターミナルがあります。サイクリングターミナルとはありますが、とにかくスポーツ設備が整い、その他、宿泊施設やレストラン、バーベキュー施設などもあり、レジャー施設として人気の高いところです。また、ここには天然温泉の浴場があり、日帰りでの入浴も可能とのこと。
スポーツの後に天然温泉で汗が流せるなんて嬉しいですよね。今回は旅の途中で立ち寄ってみることにしました。実は当初はここに立ち寄る予定がなかったのですが、予定していた温泉施設があまりにも混雑していて駐車場にさえも入れない事態だったので、急遽近くの温泉施設を探してやってきたのでした。温泉があるというのは情報として入手できたものの、あまり詳細もわからず、とりあえず訪れてみることにしました。
たどりつくと、なるほど広大な敷地にはいくつものスポーツ施設があり、その中にポツンとある施設です。見た目にはいかにも公共施設っぽい中規模の建物で、ホテルや旅館といったような宿泊施設って感じでもありません。あまりにも質素な佇まいなので、スポーツ施設の事務所やシャワールームがあるぐらいにしか感じない、けっこう地味なスタイルです。本当に温泉施設があるのかも疑うような雰囲気でしたが、館内に入ると玄関脇にある自動券売機で入浴券を購入して利用できるようでした。
玄関では段差がありますが、下足のまま館内は利用できるようです。下足のまま上がれると書かれていますが、微妙な段差に戸惑います。戸惑うくらいの段差だからわざわざ書かれているのですね。浴室はそのまま奥に進んだところにあります。入口が狭く、また脱衣所もちょっと狭いです。脱衣所に入るところに貴重品用のコインロッカーもありました。浴室に入ると縦に細長いスペースとなっています。洗い場にはボディソープのみ、シャンプーは用意されていません。
湯舟はふたつあり、手前側のはジェットバスが3基、奥の湯舟は熱めの湯となっているようです。それにしても小ぢんまりとした小さな浴室です。外側はブロックガラスになっていて、外の景色が見える感じではありません。やはり温泉情緒を求めたり観光目的で来るようなところではないように感じます。ところが、二つの湯舟はどちらも天然温泉が利用されているようで、山吹色っぽく色づいています。浸かるとツルツルッと軽やかで滑らかな感触があり、とても気持ちがいいのです。
薄いけどがしっかりとした塩味がついていて、塩分による保温効果もあるのでしょうか、気だるくなるほどよくあたたまります。夏場でもないのに汗がなかなかひかないほどです。地味で観光温泉という感じもない浴室ですが、この泉質はなかなかのものです。予想外の好印象でポイントが高いです。少し人が多いと混雑した感じになってしまうかもしれませんが、穴場的な存在でとても良かったです。近くに来たなら是非立ち寄りたい温泉ですね。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.