泉龍温泉(石川県) 
せんりゅうおんせん

DATA
所在地石川県小松市平面町
入浴 2017年5月
泉質 ナトリウム−塩化物泉
形態 公衆浴場 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

石川県小松市の郊外、田園地帯の中にある公衆浴場がぽかぽからんど泉龍温泉です。釣りの帰りに立ち寄れる温泉施設を探していて、遅くまで営業しているところを探してやってきました。辿り着いてみると、県道からちょっと外れたところにあり、駐車場も広々としています。今どきの日帰り温泉施設だろうと思って中に入ると、下足箱はいわゆる昔ながらの銭湯スタイルで、鍵が木札になっているものです。
中に入るととても広く、手前側はロビーになっています。自動券売機で入浴券を購入し、正面の番台に渡して中に入ります。暖簾をくぐると脱衣所ですが、こちらもやはり昔ながらの銭湯スタイルです。簡易的な鍵付きの木造ロッカーがあり、ガラス戸越しに浴室が見えます。浴室もタイル張りで洗い場がシマになっていて、まさに銭湯のようです。
温泉の名前がついているけど、単なる屋号みたいなもので普通の銭湯なのかと不安になりますが、湯舟の脇には温泉の文字とナトリウム塩化物泉という文字が見え、ほっとします。それにしても本当に普通の銭湯のような雰囲気です。洗い場は上に固定式のシャワーが付き、湯と水のカランがあるもので、ボディソープなどの石鹸類は用意されていません。
また、入浴券を購入する際に、サウナの利用は別料金となっていました。湯舟はいつくもあり、バラエティに富んでいます。手前側にある無色透明の湯は天然温泉の湯舟です。手前側が浅くなっていて奥側は深めになっています。けっこう熱めで、軽いのに妙にどっしりとした浴感があります。舐めてみると塩辛い湯で、海水ほどでなくマイルドではあるもののそれなりにしょっぱい湯でした。
次にあるのは黄緑色をした湯で、入浴剤が入っている湯のようです。ジェットバスが付いていて、体をほぐしながら浸かることができます。その奥にはあるのは深めの湯舟で、脇のボタンを押すと水流が生じる湯となっていました。浴室の一番奥側はサウナと水風呂です。水風呂の脇には外への出入口があります。そこを出ると露天風呂がありました。
露天はけっこう広い岩風呂です。夜間なので暗いですが、スポットライトが当っていて、なかなか風情があります。源泉と書かれた湯が注がれていますが、これがまたとんでもなくぬるいです。内湯からそのまま入ると、水かと思うくらいぬるいです。慣れてくると気持ちいいのですが、上がると寒いくらいです。夏場ならいいでしょうが、春先だったのでけっこう寒かったです。
内湯で熱く火照ったときに入ると気持ちいいようです。こちらも源泉だけあって、内湯と同じようにしょっぱい湯です。塩分を含んでいることもあってか、ぬるくてもしっかりと温まるような気がしました。雰囲気的に観光客がわざわざ行くようなところではないけれど、地元の方が利用する銭湯としては温泉も同時に味わえるので得した気分になるのではないでしょうか。すごく賑わっているところを見ると、やはり近隣でも人気の温泉施設なのでしょう。





Copyright(C)2018 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.