大洗温泉・リゾート大洗 まつもと(茨城県) 
おおあらいおんせん・りぞーとおおあらい まつもと

DATA
所在地茨城県東茨城郡大洗町大貫町
入浴 2017年4月
泉質 ナトリウム−塩化物泉
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 やけど、しもやけ、きりきず、慢性婦人病、慢性皮膚病、にきびなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

大洗サンビーチのすぐ近くにある旅館。大通りからはほんの少しだけはいるのですが、アウトレットモールなども近くにあり、ぷらっと散歩もできるので、観光の拠点としても便利なところにあります。春の陽気に誘われて、潮干狩りに来たついでに泊まりに来ました。潮干狩りってけっこう体力消耗するので、日帰りだとキツイんですよね。海岸から近いので、凍えた体のまま宿に直行です。
そんなに大きな宿ではありませんが、たどり着いてみるとわりとゆったりとした中規模程度の宿でした。建物を裏にまわりこむと、駐車場と玄関口がありました。リゾートと名前についていますが、とてもシンプルな印象で合宿所のような雰囲気がありました。到着すると宿の人が出迎えてくれ、とてもアットホームな感じです。宿は鉄筋の三階建てで、部屋は3階にありましたが、エレベーターはないので階段で上がります。
館内はとても綺麗で、部屋もゆったりと広々としたもので、とてもゆったりと過ごせそうです。部屋に着くなり、まずは大浴場へとむかいます。浴場は1階にあるので、また階段を下りていきます。浴場は1階の廊下の中ほどにありました。宿の規模が小さめなので、浴場も小ぢんまりとした感じのようです。男女の浴室の間にはバスタオルが積まれていて、入浴毎に新しいタオルが利用できるようです。
そして気になるのは大洗温泉と書かれた案内板です。そうなんです、この宿には天然温泉が引かれているのです。小さな宿ながらも、期待が持てる魅力のひとつです。脱衣場は小ぢんまりとはしていますが、思いのほか広いです。というか、棚と洗面台、シンプルすぎて広く感じるようです。浴室もまた小ぢんまりとしていてシンプルですが、脱衣場の地味さと比べると、おもむきがあります。
洗い場は壁に4つ+1つ、大きな湯舟が1つ。内湯のみで露天風呂はないようです。湯舟はゆったりと大きいので手足を伸ばしてゆったりできます。湯は循環式なのでしょう、溢れる気配はありません。とてもクリアですが、ほんの少し黄色く色づいているようにみえます。しょっぱいような雰囲気のある湯ですが、舐めてみると、わりとあっさりとした、薄い塩味でとてもマイルドです。
温度はちょうどいいくらい、サラッとした感じですが、意外とドッシリとした浴感があり、とても温まりがいい湯です。塩分を多く含むからなのでしょうね、温まり方がちがいます。湯冷めしにくい湯ということで、冬場はいいですが、夏場は汗が引かないかもしれません。浴室には窓はありますが、小さめで曇りガラスにもなっているので、景色も見えず、やや閉塞的な雰囲気です。
ちなみに3階の客室は海側を向いていますが、角度的に目の前の防風林が邪魔をしてビーチは見えません。微妙に水平線は見えるので、海辺の雰囲気は楽しめました。また、ここはリーズナブルな料金ながらも料理がとてもおいしかったです。新鮮な魚介類と工夫された料理が楽しめました。やっぱり食べ物も旅行の楽しみのひとつですよね。満足できました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.