川中子温泉・極楽荘(茨城県) 
かわなかごおんせん・ごくらくそう

DATA
所在地茨城県常陸太田市小目町
入浴 2017年3月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
泉温 源泉15度
湧出量毎分21リットル
掘削深度200メートル
形態 鉱泉宿 男女別
効能 神経痛、リウマチ、やけどをはじめとする創傷、胃腸病や糖尿病など
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆
気軽度☆☆
地元度☆☆☆☆
穴場度☆☆☆☆☆
鄙び度☆☆☆☆
秘湯度☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆☆

片田舎の小さな鄙びた一軒宿に立ち寄り入浴に行くときというのは、どうも緊張感が走ります。それというのも、地域のコミュニティが出来上がっていて、よそ者が入りづらい雰囲気であったり、営業時間が変更になっていたり、不在であったり、もう廃業してしまっていたりと、なかなかスムーズに行かないものです。今回訪れたのはそんな小さな宿とのことで、やや不安を感じながらもやってきました。
ナビを頼りに近づいていくと、通り沿いには大きく綺麗な看板がありました。もしやリニューアルして大きくなって敷居が低くなったかなと近づくも、やはり細い脇道に案内されていきます。すると路地の先に少し広くなった駐車スペースがあって、旅館がありました。なんとも雑多な雰囲気で、どこにどのような向きで駐車していいのか不安になる佇まいです。建物は少し年季が入っているような気もしますが、玄関はわりと綺麗で鄙びた雰囲気でもありません。
営業はしているようなのでさっそく館内に入りますが、他に客はいないようで、奥の方から人が対応しにやってきてくれました。ほんと昔ながらの小さな旅館って感じで、玄関周りがちょっと散らかっている感じが、肩の力を抜いてくれます。壁には食事のメニューがたくさん貼られていて、食事をしながらゆっくりと過ごすことができそうな雰囲気です。入浴料金を払うと浴場へ案内してくれました。
廊下の途中を左に曲がって、突き当った先の右に浴場入り口がありました。ボイラーが壊れていてシャワーが水しか出ないと告げられますが、湯舟から湯を汲めばいいことなので気にしません。脱衣所に入ると、また何ともいえないレトロな雰囲気があります。何もなくてガランとしているのですが、そこに木造の古めかしいロッカーが佇んでいて、とても味があります。でも不潔な感じはなく、むしろしっかりと清掃してあるなという感じです。
そして浴室に入ると、古めかしさはさらにエスカレートして、怪しさ満点の内湯です。広くもないけど、そんなに狭苦しさも感じない浴室ながらもダイナミックな雰囲気に圧倒されます。というのも正面には溶岩で作られた大きな壁からドバドバと豪快に瀧が流れているのです。しかもその湯は焦げ茶色をしていて、湯舟の湯はコーヒーというかウーロン茶みたいな色をしています。透明度は50センチくらいでしょうか、けっこう濃い湯ですが、とてもあっさりとしています。
しかも湯に浸かると、肌の表面がツルンッと滑らかな感覚があり、すごく気持ちいいのです。また微妙に熱い湯と、浴室内は蒸していることもあってすぐに茹ってきますが、体が軽くなるような気持ちいい汗を流すことができます。なるほど名湯といってもいいぐらい快適な湯で、雰囲気は怪しいのですがとても気に入りました。そういえば浴室内の風呂桶がみんなケロリン桶でした。なんかやっぱり和みますねぇ。
1時間ほどゆっくりしたところで上がると、「大丈夫ですか?長かったみたいなので」と言われますが、1時間が長いと言われるなんてびっくりです。そういえば、後から来た客もさっさと上がってしまっていました。濃厚な温泉なので長湯すると湯あたりでもしてしまうのですかね。気持ちよさの方が勝って、とても湯あたりどころではありませんでした。女性客に人気とのことですが、この湯の質は本物だと思いました。個人的に相性のいい湯だったので、また是非楽しみに来たいと思いました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.