七光台温泉(千葉県) 
ななこうだいおんせん

DATA
所在地千葉県野田市七光台
源泉名野田七光台温泉
入浴 2017年3月
泉質 ナトリウム−塩化物強塩泉
泉温 源泉44.1度
湧出量毎分581リットル
PH 7.2
蒸発残留物20.91g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

千葉県野田市、国道16号線から少し入ったところのショッピングモール「イオンタウン野田七光台」には天然温泉の日帰り温泉施設があります。その名も「七光台温泉」。なんとも神がかった感じの名前ですが、どうやら地名のようです。ショッピングモールの中に温泉施設があるということですが、敷地の一番端っこに位置しています。大きな石作りのアーチが出迎えてくれていて、なかなかムードある施設のようです。
アクセスも良く、買い物ついでに温泉という手軽さもあり、規模もそこそこ大きいようです。館内に入って下足箱を過ぎると入浴券の自動券売機と受付があります。受付の奥にはマッサージ処があったり、食事処があったりと、ちょっと入り組んだ形になっていて、一瞬動線が解らなくなりそうな雑多な印象がありました。浴場は2階にあがったところにあるようです。階段をあがると男女別に暖簾が揺れています。
脱衣場はコイン返却式のロッカーが並んだもので、いたってシンプルな感じです。浴場に入ると、まずはサウナが両脇にあり、洗い場のエリアを抜けると、水風呂と温泉主浴槽、それからジェット流水でマッサージ効果が楽しい、ジェットバスがありました。サウナは片側は乾式のタワーサウナ、もう一方は薬草スチームサウナとあります。
この薬草スチームサウナが秀逸で、室内の奥にある壺の中に薬草の入った袋があり、その壺の底から間歇的に熱い蒸気が噴き出て、室内に薬草の香りが充満するシステムとなっています。これがまた、人工的な匂いではなく本格的な薬草の匂いなので、すごくリラックス効果を実感できました。また蒸気もけっこう熱いので、すっきりと汗を流すことができます。
内湯は温泉主浴槽だけが天然温泉で、ジェットバスエリアは白湯のようです。主浴槽も無色透明で見た目には何の変哲もないように見えますが、わりと個性的な湯です。それというのも、舐めるとしっかりとした塩味がありながらも、入浴した感覚がとてもマイルドなのです。塩分の多い湯だとけっこうキシキシと肌にしがみつくような刺激があったりしますが、不思議とやわらかな感触なのです。
味覚もしょっぱいと感じるほどではなく、甘さというか苦さというか、回り道をしたような遠まわしなしょっぱさが、とてもマイルドに感じました。内湯は設備的にも充実していて、スーパー銭湯的なクアハウス的なスタイルですが、露天風呂は和風の風情あるものです。こちらは高い壁に囲まれながらも、庭園風の中庭に湯舟がいくつか配されています。
中央にあるのは大きな湯舟で、源泉掛け流しと書かれた小さな円形の湯舟が熱めの湯、そしてそのオーバーフローが流れ込む岩風呂と続きます。また、端には3つの壺湯があり、こちらはややぬるめです。その他、床に湯が流れていて、そこに横になって背中だけ温かさを感じる「うたた寝湯」は、体を冷ましながら温泉が楽しめます。露天エリアはどれも天然温泉が利用されているようで、温泉を楽しむなら露天がメインとなるようです。
それにしてもなかなか雰囲気がいいです。湯舟のまわりには杉の木が植えられているのですが、これは京都の北山杉だそうで、花の咲かない無花粉タイプ。今どきの気の利いた演出です。何だかんだと居心地がよく、内湯と露天を行き来しながら、すっかり長湯になってしまいました。浴後はメニューも豊富で、うまそうなものがいっぱいの食事が楽しめる、休憩エリアでまったりできます。ショッピングのついでに温泉と食事を楽しんで、ちょっとした贅沢な時間を楽しめる温泉施設のようです。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.