龍頭の湯・豊平どんぐり村どんぐり荘(広島県) 
りゅうずのゆ・とよひらどんぐりむらどんぐりそう

DATA
所在地広島県山県郡北広島町都志見
入浴 2016年8月
泉質 単純弱放射能冷鉱泉
泉温 源泉17.9度
PH 6.2
蒸発残留物0.062g/kg
ラドン含有量46×10-10キュリー/kg
形態 道の駅内の宿泊施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

北広島町にある道の駅豊平どんぐり村は、「遊べる・泊まれる・体験できる」をテーマにした複合施設です。敷地がとても広く、物産品を扱った「さんさん市」や、そば打ち体験、食事処、宿泊施設、大きな体育館などのスポーツ施設など、遊んで楽しめる施設がいっぱいあります。道の駅ということですが、幹線道路からは離れた長閑な場所にあり、施設がいっぱいあるのでどこがメインかわからないくらいの施設でした。
宿泊施設のどんぐり荘は一般の宿泊に加え、合宿や研修などにも使えるようになっていますが、温泉だけの利用もできるようです。普段は一般の利用もそこそこあるのでしょうが、夏休みとあって合宿利用の若い人たちでいっぱいのようです。玄関の扉には日にち別に浴場の予想混雑状況が書かれていました。なるほどこの表はとても便利です。うまくその合い間をぬって、入浴してきました。
夕暮れ時に訪れたのですが、合宿の高校生たちは食事の時間のようです。ちょうど誰もいない時間帯となっていました。受付脇の自動券売機で入浴券を購入し、受付に渡します。番をしていたご老人が「ごゆっくりどうぞ」ととても丁寧に対応してくれました。浴場は受付のすぐ裏に入口があります。脱衣場に入ると、ムッとした汗の臭いがします。スポーツで汗をかいた後に入ったのでしょう、いかにも合宿所的な雰囲気がどこか懐かしくさえ感じます。
脱衣場は棚が並んでいて、狭くもないけど特別に広くもありません。まぁ、ゆったりとした感じでしょうか。浴室に入ると、こちらは奥に細長いタイプで、手前側にスチームサウナと水風呂、中ほどに洗い場、そして奥に湯舟があります。もっと狭いのかと思っていたのですが、予想以上に広めでした。ただ、窓が高い位置にあるだけで景色も何も見えないので、やや閉塞感のある浴室です。
湯舟の湯は無色透明で、何の変哲も無い湯ですが、ラドンを含んだ湯なのだそうです。すごくさっぱりとしているので、スポーツの後には最適ですね。また、消毒臭が少ないというかあまり感じないのも好印象です。スチームサウナはやや狭いものです。高温のミストが降り注ぎ、とても豪快に汗を流すことができました。水風呂も冷鉱泉をそのまま利用しているのでしょうか、温浴と同じような癖のない水です。
ただ、薬草が袋に入れられて浮いているので、微妙に爽やかな青臭さを感じました。青臭いといっても悪い意味ではなく、さっぱりとした清々しい印象です。けっこうのんびりと過ごしたところで上がろうとしたら、ちょうど合宿の生徒たちがこれから入浴するところでした。次から次へと流れ込むようにやってくるので、タイミングがずれていたら大変なことになっていました。普段はそんなことはなく静かに入れることでしょう。素朴ながらも非常に気持ちのいい湯を楽しめました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.