上齋原温泉・クアガーデンこのか(岡山県) 
かみさいばらおんせん・くあがーでんこのか

DATA
所在地岡山県苫田郡鏡野町上齋原
源泉名混合泉(かみさいばら温泉/湯之谷温泉)
入浴 2016年8月
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
泉温 源泉27.9度
PH 9.3
蒸発残留物0.10g/kg
ラドン含有量4.3×10-10Ci/kg
形態 クア温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

奥津温泉から国道179号線を北上し、人形峠方面に向かうとその手前に上斎原温泉があります。ここには「国民宿舎いつき」と隣接して「クアガーデンこのか」があり、クア施設で温泉を楽しむことができます。さっそく訪れてみると、さすがに山深いところで、高原の清々しさがあります。真夏で太陽がギラギラと輝きますが、吹きぬける風がとても気持ちいいです。
こんな山奥ですが意外にもクア施設はけっこう本格的な大きなもので、プール施設と温泉施設があります。このときはちょうどプール施設の故障ということで、プールは臨時休業で、温泉だけの営業となっていました。もともとプールには入る予定ではなかったので、そのまま温泉を利用させていただきました。館内に入ると下足箱があり、その先に浴場受付があります。館内はモダンなスタイルのユニークなデザインで、突き当りには休憩室があります。
浴場は1階と地階にあり、このときは男湯が階段をおりた地階となっていました。脱衣場は鍵付きのスチールロッカー、それとカゴが用意されています。とても大きな施設のように感じましたが、脱衣所はそんなに広いわけではありません。浴室に入ると、正面右側に円形のジャグジー、左側に細長い主浴槽、そして手前側と手前側奥の通路に洗い場が並びます。外には露天風呂がありますが、全部で3つの湯舟があるようです。
クアガーデンなんてネーミングなのでもっといろいろと施設があるのかと想像していたのですが、わりと地味なスタイルの施設でした。湯は無色透明で軽い感触の湯です。ちなみに温泉は、上斎原温泉と湯の谷温泉という2つの源泉を混合して利用しているのだそうです。こういう施設にしては、わりと消毒臭が少なめなのが好印象です。ジャグジーはけっこうぬるめで、主浴槽はそこそこ熱い湯でした。
外の露天風呂は岩風呂になっていて、それなりに大きな湯舟です。真上が女湯になっているのでしょう、たまに上から水しぶきが目の前の庭に降ってきます。最初は雨でも降っているのかと思ったのですが、カンカン照りだし、上の方から賑やかな声がするので、きっと楽しく温泉を満喫しているのでしょう。ちなみに露天は高い壁に囲まれているので景色を眺めるような感じではありませんが、緑豊な山の空気が漂っています。
さすがに真夏とあって、虫も多いようです。昼間だったので虻が数匹飛んでいました。露天への出入口には、人を刺す虫がいるので扉を開けっぱなしにしないとか、露天では刺されますと書かれていて、妙に恐怖心を煽っていました。実際にこのときもチクッと虻にやられたので、内湯に逃げてきましたが、そんなに大量にはいなかったので大袈裟に恐れる必要はないでしょう。
真夏以外ならきっと落ち着いて入れるのではないでしょうか。このときはプールが営業していなかった影響もあるのかもしれませんが、利用客が少なくとてものんびりと楽しむことができました。わりと穴場的な雰囲気もあったので、隣の宿に宿泊してのんびりと過ごすのもいいでしょう。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.