エーガイヤ温泉・エーガイヤちくさ(兵庫県) 
えーがいやおんせん・えーがいやちくさ

DATA
所在地兵庫県宍粟市千種町室
入浴 2016年8月
泉質 低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉
泉温 源泉17.3度
蒸発残留物0.590g/kg
ラドン含有量63.48q/kg(4.7マッヘ)
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆

兵庫県の西部、宍粟市にあるエーガイヤ温泉は、山間の静かなところにある温泉施設です。フィットネスジムやレストランも備えた温泉施設で、けっこう大きな複合施設となっています。駐車場は広く、町の診療所が隣接していて、いかにも公共福祉施設といった雰囲気がありました。温泉施設はエレベータで降りた半地下になったところにありました。
受付をすると正面にはレストラン、そして左奥に浴場があります。エーガイヤなんて妙なネーミングだなぁと思いながら館内を歩いていると、「A-GAIYA温泉」と書かれているパンフレットを発見しました。エーガイヤの「エー」は「A」だったのですね。意味はわかりませんが何か由来があるのでしょう。
脱衣所に入るとまず鍵付きロッカーの並んだスペースがあり、その奥へ行くと浴場入口、その先には休憩のエリアがありました。わりとモダンなスタイルで、明るく清潔感もあります。浴場に入るとまず掛かり湯があって、左側には洗い場、右側のガラス窓側に湯舟、そして入口の手前側にミストサウナがありました。外観から想像していたよりも小ぢんまりとした浴室で、露天風呂は無いようです。
鉄筋のすごく大きな建物だったので、浴室ももっと大きいものなのかと思っていました。湯舟は丸を2つ重ねたような瓢箪のような形をしたもので、右側の湯舟は気泡浴となっています。窓は大きなガラス窓になっていて、外は中庭と垣根の先に山と空が見えるだけ、とてもシンプルな景色です。窓が大きいこともあってとても明るくてゆったりとした雰囲気がありました。
湯舟の湯は無色透明でほとんど浴感も味も臭いもありません。軽く消毒臭がする程度でとても大人しい印象の湯です。ただ、わりとぬる目の設定になっていたので、じっくりと浸かることができました。ミストサウナは腰掛部分に水道が付いていて、腰掛部分を洗えるようになっています。
三人分しか座席がないので小さいですが、高温のスチームで効率よく汗を流すこどができました。浴室の規模が小さいのと温泉としての個性が薄いのでインパクトに欠けるのは否めませんが、料金も手ごろなので近隣の方の憩いの場として活用されることが多いのでしょう。観光目的ではつまらないかもしれませんが、ドライブの途中でさっぱりしたいときなどにはいいと思います。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.