宮本武蔵温泉・クアガーデン武蔵の里(岡山県) 
みやもとむさしおんせん・くあがーでんむさしのさと

DATA
所在地岡山県美作市宮本
入浴 2016年8月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉
泉温 源泉27.2度
湧出量毎分420リットル
PH 8.6
形態 クア温泉施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
穴場度☆☆☆
総合評価☆☆☆

宮本武蔵の生誕の地として伝説の残る岡山県美作市には、武蔵の里という武蔵ゆかりの旧跡が集まるエリアがあります。宮本武蔵生家跡をはじめ、武蔵を祀る武蔵神社、ゆかりの物品を集めた武蔵資料館など、観光スポットとして歴史好きにはたまらないエリアとなっています。その一角にクアガーデン武蔵の里という多目的温泉施設があります。
けっこう山の中というか、静かな場所にあるので小さな温泉施設を想像していましたが、やって来てみるととても立派な温浴施設となっていました。名前にもクアガーデンとあるとおり、温泉施設だけでなく大きなプールも備わっている施設のようです。温泉とプールは別料金となっているので、今回は温泉だけの利用となりました。
館内に入ると下足箱があり、受付で脱衣所のロッカーキーと引き換えるシステムです。浴室はエントランスの階段を登って2階にあがります。階段を上がるとき天井を見上げると、とてもカラフルな絵が描かれていてインパクトがあります。子供や青年、老人がアクティブに描かれているのですが、どうやら物語になっているような感じです。
宮本武蔵の一生を描いたものなのでしょうか。2階に上がると吹き抜け部分が通路になっていて、奥に進むとプール、手前が脱衣所と温泉浴場となっていました。通路の部分からエントランスを覗き込むと、正面には武蔵と小次郎の決闘シーンの人形があります。建物や設備は今風の温泉施設なのですが、いかにも武蔵の里らしくていい演出です。
脱衣所はロッカーがズラッと並んで、まさにクア施設という雰囲気です。けっこうなキャパがあるので、それだけ施設が大きいということでしょう。浴室に入ると石畳のシックな室内に寝湯やジャグジー、サウナなどがありました。夜間だったのですが、照明は暗めで落ち着いた雰囲気です。プールはそれなりに規模が大きいようですが、浴室は全体的に中規模程度です。
ただ、湯舟の種類がいくつかあり、小さなスーパー銭湯のようなバラエティ感のあるものでした。湯舟の湯は無色透明で、微妙に黄色いようにも見えなくもないのですが、照明のせいかもしれません。とてもサラサラとした癖のない湯で、軽い消毒臭があるくらいで、味覚もほとんどない大人しい印象の湯です。外には露天風呂がありました。
こちらも夜間だったので、まわりは暗くて何も見えません。露天そのものに照明がなく、内湯の明かりで照らされている程度です。薄明かりの中、岩風呂がムードを盛り上げていました。それにしても今回は土曜の夜に訪れたのですが、すごく静かというか空いています。こういうところだから昼間がメインなのかもしれませんが、もうちょっと利用客が多くないと経営的には大丈夫なのか心配です。
夜間だと割引をしたりすれば、もうちょっと利用客も増えるのではないかと思いました。(追記:心配していたように平成28年(2016)9月末より老朽化を理由に休館しているようです。施設は悪くないのですが、魅力的な温泉が点在する美作では、生存競争が厳しいのでしょう。いつか復活してくれることを祈ります。)





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.