木曽岬温泉・ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県) 
きそみさきおんせん・ごーるでんらんどきそみさきおんせん

DATA
所在地三重県桑名郡木曽岬町源緑輪中
入浴 2016年8月
泉質 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温 源泉49.5度
湧出量毎分886リットル
PH 8.4
蒸発残留物290mg/kg
形態 大型大衆浴場 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度
気軽度☆☆
穴場度☆☆
鄙び度☆☆☆☆☆
異色度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆☆

三重県の愛知県側の沿岸部、木曽川の河口近い田園地帯にポツンとゴールデンランド木曽岬温泉があります。実は前々から気になっていて、調べてみると怪しさ満点の極上穴場ということだったので、行ってみようと思いながらもなかなか行けずにいたところです。今回ようやく念願かなって行くことができました。ナビを頼りにやってきますが、周囲は田園地帯なので遠くからでもわかる大きな建物で存在感があります。
しかし近づいてみると、これがまたすごくボロで、さすがに「ああ、一足遅かったか」と廃業したのだと思ってしまいましたが、玄関前には大きく「営業中」の看板が出ています。「えっ、これで営業しているの?」と疑心暗鬼になりながらも周りを見渡すと、誰もいない駐車場も綺麗で荒れてはいないので大丈夫そうです。恐る恐る近づいていくと玄関前の池にはたくさんの鯉やテラピアが泳いでいます。
そして開けっ放しの扉を入るとすぐに受付がありました。エントランスはすごく広いのですが、その手前にポツンと小さな受付があり、ガランとした雰囲気がすでに怪しいです。動揺を見せまいと気を奮い立たせて自動券売機で入浴券を購入して受付に渡しました。下足箱は正面にあります。その下足箱の裏に回るとこれまた体育館のように広い広間があります。真っ昼間なのに薄暗く、正面には舞台もありますが、まったく利用されておらず、とにかく廃墟かと思うくらいの怖さがあります。
夕暮れや夜間は怖くていられないぐらいのおどろおどろしさがありました。その広間を抜けた先に浴場があります。脱衣場に入ると鼻先を軽く刺激するようなすえた臭いがあります。こちらもすごく広く、需要のほとんどありそうもない100円のコインロッカーがたくさん並んでいます。この雰囲気をうまく表現できないのが悔しいくらいB級感満載です。ガラス戸の奥は浴室ですが、こちらも広い、というか内湯なのに開放感たっぷり。
中央に広い湯舟があり、奥には湯が滝のように流れ注がれ、それが大量に床を溢れて流れています。言葉を失うくらい圧倒され、テンションも一気にあがります。さっそく体を流して湯舟に入りますが、これがまた熱いです。ジーンと痺れるくらいの熱さですが、熱すぎるというわけでもありません。湯舟の手前部分は浅くなっています。湯はほんの少し黄色く感じるくらいで、微妙につるんとした滑らかで軽い湯です。
浴室の右奥には飲泉もあります。そういえば滝のところもコップがいくつもあったので、掛け流しなのでしょう。飲んでみると軽い芳ばしさのあるおいしい湯でした。それにしても週末の昼間に訪れたのですが、先客が1名のみです。これで営業していけるのか不思議なくらいです。維持費だってそうとうかかるでしょう。と、余計なことを考えながら浴室内を散策します。浴室の隅には円形の湯舟がありました。こちらもかなり熱いです。
以前は加水したぬる目の湯だったとのことですが、加水をやめたので熱くなっています。それから奥に怪しい扉があります。開けてみるとそこはスチームサウナになっているようです。足元には砂利があり、熱い湯がありますが熱すぎて触れないほどで、脇にあるブロックの上に立ってサウナを楽しみました。でも汗はガンガン噴き出してくるので、効果ありですね。それから浴室の奥側には一段下がったところに細長い通路のようなものがあり、そこは砂利の敷き詰められた寝湯がありました。
ここも気持ちがいいのですが、やはり熱いです。寝ていると背中が真っ赤になるくらいですが、妙にさっぱりします。露天風呂はないようですが、脇には涼むためのスペースも用意されていました。内湯で汗が止まらなくなったら外で涼んでの繰り返しにちょうど良さそうです。しばらくすると数名の客がやってきました。みなさん高齢の方ばかりで、また常連だそうです。その方の話によると、今日は特別人が少ないとのことでした。
いつもこんなに少なくはないけど、それでも以前より利用客は減ったのだそうです。経営者がやる気がないとか、600円も払って洗い場には石鹸ひとつ置いていないとか、以前は持ち帰りOKだった源泉が、NGになったとか、不満だらけの温泉とのこと。でもそれでも通いつめるということはそれだけのんびりとできるし、湯がいいということでしょう。この施設はあまりにももったいないので、是非とも改善していつまでも続けて欲しいと思いました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.