館山塩見温泉・海の湯宿「花しぶき」(千葉県) 
たてやましおみおんせん・うみのゆやど「はなしぶき」

DATA
所在地千葉県館山市塩見
源泉名館山塩見温泉「こがねの湯」
入浴 2016年7月
泉質 ナトリウムー塩化物冷鉱泉(低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)
泉温 源泉15度
成分総計2.246g/kg
形態 温泉旅館 男女別
効能 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
優雅度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

館山市の市街地を抜け、房総半島の先端である洲埼灯台方面に向かうと、海上自衛隊を過ぎた先の館山湾沿いに和風旅館の「花しぶき」があります。館山塩見温泉という天然温泉が楽しめる宿のようで、しかも立ち寄り入浴も可能という情報を手に入れ、釣りのついでに立ち寄ってみました。県道から案内に従って脇道に入るのですが、けっこう細くて分かりづらいところでした。
ちょっと進むとすぐ海岸に出るのですが、ビーチのすぐ目の前に宿がありました。海水浴場シーズンにでもなれば、この上ない便利なロケーションなので人気があることでしょう。中規模ながらも粋な雰囲気の和風旅館で、市街地からも離れて落ち着いた環境の中にあり、隠れ宿的な高級感がある宿でした。駐車場に着くとすぐ係りの人がやって来ました。
立ち寄り入浴だけなのにとっても丁寧な対応をしてくれます。駐車場の誘導からフロントの案内まで、とても丁寧な対応です。海岸とは反対側の通路を抜けると、玄関があります。玄関も隠れた雰囲気があってとても落ち着います。フロントで受付を済ますと2階にある浴場まで案内してくれました。浴場は手前で小上がりのようになっています。そこにはマッサージ器などがあり、冷水のサービスもありました。
脱衣場は棚にかご、そしてロッカーのある旅館らしいスタイルです。洗面台もゆったりとしていてとても清潔的で、快適な印象です。浴室は左手前側に内風呂があり、そして正面には露天風呂があります。やや小ぢんまりとした浴室ですが、外側の壁というか窓が開放されていて、内湯と露天風呂が一体化しているような、そんな開放感溢れる浴室です。
浴室の左右に洗い場がありますが、そこにはボディソープ、シャンプー、コンディショナー、固形石鹸等が用意されています。また、床と洗い場、壁の下部は赤の御影石を基調としていて、こちらも落ち着いた高級感あるものでした。体を流したところでさっそく湯舟に向かいます。湯舟の湯は無色透明で、ちょっとだけ消毒の臭いがしていますが、とてもさらさらとした軽い湯です。
湯舟はヒノキ風呂になっていて、底はスノコのようになっています。木の柔らかな感触がとてもいいです。そして気になるのは露天風呂です。こちらは2メートル四方くらいの正方形をした湯舟です。内湯よりもちょっとだけ熱いように感じました。目の前には植え込みがあり、緑に囲まれているので、2階にいるとは思えないほど爽やかな印象がありました。ただ、海辺に宿があるにもかかわらず、浴場からは海が見えません。
ちょっと位置関係がよくわからないのですが、海とは反対側にあるのでしょうかね。見晴らしはあまりよくないものの、落ち着いた開放感もあるし、とてもまったりと過ごすことができました。ちなみに、夏のいい時期に訪れたのですが、浴室内にツバメが一匹迷い込んできて、季節の風情を感じさせられました。すごく雰囲気もいいし、接客の態度もいいですし、今度は是非泊まりで利用したいと思う、素敵な宿でした。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.