幸楽の湯・ホテルグランスパアベニュー幸楽の湯(福岡県) 
こうらくのゆ・ほてるぐらんすぱあべにゅーこうらくのゆ

DATA
所在地福岡県朝倉市甘木
入浴 2016年6月
泉質 アルカリ性硫黄単純温泉
泉温 源泉30.4度
湧出量毎分882リットル
PH 10.0
蒸発残留物220mg/kg
ラドン含有量1.6×10-10Ci/kg
形態 ホテル併設の日帰り温泉施設 男女別
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病など
露天風呂女性のみ
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

甘木鉄道線の始点、甘木駅を降りてすぐ、徒歩2分の目の前にホテルグランスパアベニューがあります。駅前とはいえ地方都市のとても長閑な場所、周囲にはあまり大きな建物がないので、一際目立った存在のホテルです。今回は博多で時間が空いたのでぷらりと鉄道に乗ってやってきました。基山から甘木鉄道線というローカル線でやってきましたが、すごくのんびりとした雰囲気があり、途中の車窓からの景色も田畑が広がる雄大な景色が楽しめました。
あまり列車に乗る機会がないので、たまに乗ると新鮮ですね。駅を降りるとそれらしい建物がすぐ目の前にありました。とても新しく綺麗でモダンな建物です。そんな地味な街ですが、とても大きくて立派な建物の存在が、なんか妙にマッチしていました。一見すると何の変哲もないホテルのようですが、天然温泉の大浴場の他、多彩な家族風呂もある観光ホテルのようです。
しかも、宿泊者以外の人も利用できる日帰り温泉施設のような役割もあるようです。館内に入るとエレベーターでフロントのある3階に向かいます。降りるとホテルのフロントがありますが、右手側に入浴券の自動券売機と、浴場の受付がありました。ほんと気軽に立ち寄れる雰囲気がありました。入浴券を係員に渡して暖簾をくぐるとシューズロッカーの先に男女別に脱衣場入口がありました。
脱衣場には鍵つきのロッカーが並びます。わりと小ぢんまりとしている感じです。浴室はタイル張りのオーソドックスなスタイルですが、こちらはゆったりと広めで、それなりに高級感もあります。浴槽は大中小と3つあり、奥のガラス窓際は熱めの湯、真ん中の大きな湯舟はぬるめの湯、手前側の小さい浴槽は水風呂のようです。
正面の柱の前に掛け湯があるのでまずは体に浴びせていると、何だかとても感触がいいです。すごく滑らかな感じなのです。さっそく湯舟に飛び込むと、すごく軽い感覚があり、そして全身がツルツルとした浴感に包まれます。見た目は無色透明で大人しい印象の湯でしたが、けっこうインパクトのある特徴を持っています。思わず楽しくなってくるほど、気持ちのいい感触です。
窓際は明るくガラスも大きいので、外を覗いてみます。目の前にはローカルな雰囲気の駅舎が見え、あとは何でもない田舎町の風景が広がっていました。3階なので特に見ごたえがある景色でもありませんでした。男性用は内湯だけのようですが、女性は4階に露天風呂があるそうです。少し高い位置になるので、景色も少し変わりますかね?それにしても駅が目の前なのでほんと鉄道旅には便利です。有意義に空いた時間を過ごすことが出来ました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.