博多天然温泉・八百治の湯(福岡県) 
はかたてんねんおんせん・やおじのゆ

DATA
所在地福岡県福岡市博多区博多駅前
入浴 2016年6月
泉質 カルシウム・ナトリウム−塩化物温泉
泉温 源泉27.7度
湧出量毎分280リットル
掘削深度1,257メートル
PH 7.7
蒸発残留物11.6g/kg
ラドン含有量0.68×10-10Ci/kg
形態 ビジネスホテル併設の温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

博多駅から歩いてすぐ、ビジネスホテルの八百治博多ホテルには天然温泉施設の「八百治の湯」が併設されています。平成10年(1998)、ホテルの建設時に掘削した温泉だそうで、市内でも天然温泉は珍しく当時は話題になったそうです。博多で友人に会うため1泊する予定があったので、さっそく宿泊で利用することにしました。
チェックインを済ますとさっそく部屋のカードキーと部屋に備え付けのタオルを持って浴場に向かいました。浴場は1階にあり、ホテルの入口のすぐ隣に温泉の入口がありました。ホテルのロビーは2階にあるので、ロビーより先に温泉の入口があることになりますね。ここは宿泊者は無料で利用できるのはもちろんのこと、宿泊していない一般の方も利用できる温泉施設のようです。
なので、通り沿いから直接温泉施設に入ることもできるようになっているのでした。街中にある日帰り温泉施設という感じでしょうか。宿泊者は浴場のフロントでカードキーを見せて利用します。カードキーは非接触型のICチップ型のようで、フロントにある読み取り器に(かざ)すようになっていました。
脱衣所は受付で渡されたロッカーキーを利用します。ビジネスホテルの浴場なので、オマケのような小さな浴場かと思っていたのですが、そこそこゆったりとしていて、街中の銭湯くらいの規模はあるようでした。浴室は白いタイル張りのオーソドックスなタイプですが、こちらもそこそこ広めでゆったりしています。シンプルなのはいいですが、あまりにもシンプルすぎるので、もうちょっと遊び心があってもいいのかなと思いました。
大小2つの湯舟があり、大きい方は熱め、小さい方はぬるめになっていました。洗い場はボディソープ、シャンプー、コンディショナーが用意されています。ただ、シャワーが若干、出が悪いように感じました。あまり釈然としないので、別のカランで試してみましたが、そこも勢いがなくチョロチョロとした感じでした。体を流したところで湯舟に浸かってみます。
湯は無色透明で見た目の印象は何もないけれども、いざ浸かってみると、しっとりと重たい印象があります。舐めてみるとかなり塩辛い湯です。海水ほどではないにしろ、それに近いぐらい塩辛い湯でした。塩分を多く含むだけあって体の温まり具合は最高です。ジワジワと内側から熱くなってくる感じで、浴後も気だるさを感じるぐらいポカポカといい気持ちでした。
浴後は休憩室らしい休むところはありませんが、ロビーにちょっとした椅子とテーブルがあります。まったりと寛ぐことはできませんが、待ち合わせや飲み物で水分補給ぐらいはできそうです。宿泊者なら部屋でまったりできますが、外来者は寛ぐほどまったりはできません。街中の銭湯のような感覚で、仕事帰りにひと風呂浴びて帰るにはちょうどいいのかもしれませんね。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.