大洗温泉・オーシャンビュー大洗(茨城県) 
おおあらいおんせん・おーしゃんびゅーおおあらい

DATA
所在地茨城県東茨城郡大洗町東光台
源泉名大洗1号泉、大洗2号泉
入浴 2016年4月
泉質 ナトリウム−塩化物泉(低張性・中性・冷鉱泉)
形態 公共の宿泊施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

大洗町は茨城県の太平洋側のほぼ中央付近、水戸市街地からクルマで20分ほどのところにある港町です。釣りや潮干狩り、海水浴やマリンスポーツなど海で楽しむこともでき、市場やアウトレットモールなどのショッピングも充実、美術館や水族館など観光施設もありと、人気の観光スポットなのです。そこに温泉が加わったのは平成11年(1999年)になってからのことで、まだ歴史のない温泉ですが魅力たっぷりの観光資源となりました。
オーシャンビュー大洗は、大洗磯前神社のすぐ近く、大洗港を見下ろす高台に位置する大きなホテルです。地方職員共済組合の保養所ということで、公共の宿として利用されているようです。今回は春先の暖かい日に、潮干狩りのついでに立ち寄ってみました。港からはすぐですが、急な坂道を登った先にあります。中規模程度の宿を想像したいたのですが、思っていたよりも大きく立派な建物です。
公共の宿というと、少し古ぼけた印象もあったのですが、いやいや綺麗で洒落た雰囲気があり、なかなか高級そうです。フロントで受付を済ませて、さっそく5階にある浴場に向かいます。廊下の手前側に女湯、奥に男湯がありましたが、その中間にはちょっとした休憩所がありました。マッサージ器や自動販売機があり、浴後の休憩にちょうどいい感じです。
しかも、窓がありそこからの景色が凄いのです。目の前には大洗の港町と広大な太平洋が広がっています。高台に建つので鳥になったような気分で景色を見渡せるのです。これは温泉浴場にも期待が高まります。脱衣所はゆったりと広めで、清潔感もばっちり。やはり窓からの景色がよく、明るいです。浴室は縦に細長く、湯舟は大きな窓際にあり、思ったとおりパノラマの景色を楽しみながら入浴することができます。
とにかくワイドな感じで気分も上々、テンションが上がりますね。さっそく体を流して湯舟に浸かります。源泉温度が低いので加熱して利用していますが、それほど熱くもなくややぬる目でちょうどいいです。ほとんど無色透明ですが、微妙に黄緑色っぽく色づいているような気もします。やや重ために感じる湯ですが、とても滑らかな印象の湯です。
古代の化石海水由来の温泉だそうで、舐めるとほんのりと塩味がありました。塩辛くはありませんが、「あっ、ショッパイ」と感じるくらいのマイルドな塩加減です。塩分を含んでいるので、最初はぬるいと感じた湯も、しばらくすると汗が吹き出るほど、体の芯からあたたまります。浴室の奥側には露天風呂もありました。こちらは扇形をした小さめの湯舟です。
露天とはいいながらもビルの一角にあるので、やや閉塞感のある露天です。いや、露天というよりは外気に触れている湯という感じでしょうか。気になる眺望ですが、残念ながら内湯の方がいいです。というのも、湯舟の位置がほんの少し内湯よりも低く、湯舟に浸かってしまうと景色が見えないのです。それに目隠し用の半透明の衝立もあります。これはちょっと勿体ないですね。
せっかくの景色が見えづらいのは残念です。それに露天は外気に触れていることもあってか、消毒臭がややきつく感じます。なので、やはり内湯でのんびりと景色を眺めながら湯に浸かるのがおススメです。港を行き交う船舶や、太平洋の水面、街の景色など、見ていて飽きないほどの景色で、ついつい長湯になってしまいました。施設の雰囲気もいいので、また是非利用したいと思いました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.