弓ヶ浜温泉・休暇村南伊豆(静岡県) 
ゆみがはまおんせん・きゅうかむらみなみいず

DATA
所在地静岡県賀茂郡南伊豆町湊
源泉名混合泉(権現2号、栄湯、日の出湯、玉川湯、埼玉1号、埼玉2号、内藤1号)
入浴 2016年1月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉77.8度
PH 8.0
蒸発残留物14.13g/kg
形態 公共の宿泊施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
優雅度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

伊豆半島のほぼ南端、青野川の注ぐ湾内に砂浜が1kmほど続く景勝地が弓ヶ浜です。その名のとおり弓を描くように海岸線があり、正面には伊豆七島の利島や新島が見えるなど、風光明媚な景色が人気です。夏は海水浴客で賑わいますが、ここには下賀茂温泉から引かれた温泉もあるということで、温泉保養地として四季を通じて観光客が訪れているようです。海岸のすぐ目の前にある「休暇村 南伊豆」は、大きく優雅な雰囲気の公共の宿です。
もちろんここにも温泉が引かれています。前々から気になってはいたもののなかなか訪れる機会がなく、ようやく念願かなって訪れることができました。本当は宿泊で利用したかったのですが、残念ながら満室ということで今回は立ち寄りでの入浴です。宿は弓ヶ浜の東側にあります。弓ヶ浜駐車所場のすぐ裏にある大きな建物がそうです。リゾートホテル風の優雅な雰囲気で、ロビーも明るくゆったりとした雰囲気がありました。
浴場はエレベータで3階にあがったところにあります。「鈴の湯」と名付けられた浴場で、さすが大型の施設だけあってゆったりとした余裕の広さがあります。脱衣場は細長く、鍵付きのロッカーが並び、洗面台もゆとりがありました。こういった清潔感があるのも、リゾートホテルならではですね。浴場は内湯と露天風呂がありますが、まず驚くのが露天の前のスペースが庭園風になっていることです。
3階にあるので窓から海でも眺めるスタイルなのかと思っていましたが、1階なのかと思うくらい違和感のない落ち着いた佇まいです。内湯は内壁側に横に衝立のついた洗い場が並び、大きな窓際に湯舟があります。窓ガラスが大きいのでとにかく明るく快適な雰囲気です。無色透明のサラッとした湯が気持ちいいです。注がれている湯は湯舟を通って裏側の排水溝へと流れているので、恐らく循環式なのでしょうが、消毒臭もキツイわけでもなく、いい感じです。
塩分を含む温泉ということで、舐めるとマイルドな塩味のある湯でした。海水ほど濃いものでもないので、ベタっとした感じはまるでなく、むしろあっさりとした印象がありました。露天に出ると手前に壺湯が2つ並び、奥に東屋のある大きな湯舟がありました。庭園風の露天ですが、木々の隙間から海岸もちょっとだけ見えます。今回は冬場に訪れたこともあり、壺湯は温度が低くてかなりぬる目に感じました。
温度表示は39度でした。ぬる目の湯が好きな人にはちょうどいいかもしれません。ちなみにこの壺湯は贅沢にも掛け流しになっているそうです。それにしても雰囲気はすごくいいです。風に揺れる木々のざわめきが、とても癒されます。ただ、残念に感じたのは、露天の湯は内湯よりも消毒臭がキツかったことです。外気に触れているから余計にそう思うのかもしれませんが、少し興醒めしてしまう感じがありました。
内湯ではそんなに感じなかったので、内湯でまったりとすることにしました。塩分を含んでいるので、体が温まるとジワッと汗が出てきてとても気持ちいいです。いつまでもポカポカと温かいので、冬場のこの時期はとてもありがたい湯ですね。館内の雰囲気もよく、やはり宿泊で利用したいなと思わせる、優雅な印象が気に入りました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.