弓ヶ浜温泉・弓ヶ浜クラブ(静岡県) 
ゆみがはまおんせん・ゆみがはまくらぶ

DATA
所在地静岡県賀茂郡南伊豆町湊
源泉名混合泉(権現2号、栄湯、日の出湯、玉川湯、埼玉1号、埼玉2号、内藤1号)
入浴 2016年1月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉77.8度
PH 8.0
蒸発残留物14.13g/kg
形態 公共の宿泊施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
異色度☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

伊豆半島のほぼ南端、青野川の注ぐ湾内に砂浜が1kmほど続く景勝地が「弓ヶ浜」です。その名のとおり弓を描くように海岸線があり、正面には伊豆七島の利島や新島が見えるなど、風光明媚な景色が人気です。夏は海水浴客で賑わいますが、ここには下賀茂温泉から引かれた温泉もあるということで、温泉保養地として四季を通じて観光客が訪れているようです。弓ヶ浜クラブは弓ヶ浜の東側、休暇村南伊豆に隣接する宿泊施設です。
海岸からも近く、波音も聞こえるほどすぐの場所にあります。しっかりとした建物のわりにとても地味な雰囲気の宿泊施設です。ここは杉並区の保養施設として運営されている公共の宿泊施設なのです。すごくいい場所にあり、さすが区の施設だけあります。私は杉並区民ではありませんが、ここは区民以外の方も利用できるということで、宿泊で利用してみました。
今回は1月下旬のシーズンオフに訪れたこともあり、週末なのにほとんど宿泊者のいない貸切状態でした。やや年季が入ってきているような気もしますが、鉄筋コンクリートのとてもしっかりとした建物です。館内に入ると、この玄関が2階になっていて階下の1階に浴場があるようです。それにしても空間の使い方がまるで小学校のようです。それもそのはず、杉並区の小学校が林間学校などで利用している施設なのだそうです。
大勢で利用できる洗面所や大きな扉など、まさに小学校のような懐かしい雰囲気がありました。ということで、浴場も施設の規模のわりにゆったりとした間取りになっていました。脱衣所も簡素ですが、清掃が行き届いていて、細かなところにも埃がありません。質素だけれども清潔的な印象を受けました。浴室は内湯だけで露天風呂などはありませんが、こちらも大きめです。左右両サイドの奥に洗い場があり、中央に大きな湯舟があります。
窓が小さく、曇りガラスということもあって景色も見えないのですが、シンプルに落ち着いた雰囲気がありました。湯舟の湯は無色透明の湯が溢れています。中央の壁にある湯口からトロトロと熱めの湯が注がれていて、そして溢れているのです。しかも、湯の吸い込み口が見当たらないので、完全な掛け流しのようです。これはとても贅沢な使い方ですね。さっそく入ってみると、少し締め付けるような刺激的な印象の湯です。
サラッとしているけど軽くはない、そして小さな擦り傷などがちょっと(うず)きます。舐めてみると塩辛いのですが、海水のようなエグ味はありません。もっとマロヤカな感じでした。注がれる湯はけっこう熱いのですが、湯舟ではちょっと熱い程度です。浴室がよく換気されているので、じっくりと浸かっていても、のぼせにくいのがいいですね。
塩分を多く含む温泉だけあって、温まり方は尋常ではありません。浴後は長い時間、ポカポカと温かさが持続します。それにしても本当に気持ちのいい湯です。ちょっと大きな施設だとどうしても循環になってしまいますが、掛け流しのピュアな湯を楽しめるというのは大きいです。また、この穴場感もたまらないですね。とてもリーズナブルに利用できるので、大変気に入りました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.