山空海温泉(大阪府) 
さんくうかいおんせん

DATA
所在地大阪府豊能郡能勢町下田尻
入浴 2014年8月
泉質 炭酸水素ナトリウム
形態 日帰り入浴施設 男女別
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆
気軽度
穴場度☆☆☆
秘湯度☆☆☆☆☆
素朴度☆☆☆☆
異色度☆☆☆
湯治度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

能勢町の山の中、谷間の田んぼの中にポツンとある山空海温泉は、知る人ぞ知る名湯だそうです。地図に載っていたので気になってさっそく調べてみましたが、何とも怪しい雰囲気が漂います。旅館でもないようだし、普通の日帰り温泉って感じでもありません。本当に大阪の温泉?って疑ってしまうような記事ばかり見つかるので、こりゃ是非いってみなきゃと気合いを入れてやってきました。
あらかじめ地図で場所を確認してから来たのですぐに場所はわかりましたが、知らなければ普通に通り過ぎてしまうところにさりげなくあります。通り沿いに目立つ大きな看板があるわけでもなく、また目立つような建物でもないのでとてもわかりづらいです。しかし、川の対岸に駐車場が見えるので、温泉施設があることを意識しながら探していればすぐにわかります。
細い脇道を入り、駐車場に辿り着くも、温泉があるのは川沿いを少し歩いた奥まったところにあるようです。これも事前の情報がなければ躊躇してしまうことでしょう。そして辿り着くと、掘っ立て小屋というか、バラックというか、プレハブ的な簡素な建物がいくつかなんでいて、とても不思議な空間がありました。こういった施設なのに、入浴券は自動券売機で購入するなど、文明的な一面もあって面白いです。
また、入浴券とは別に駐車料金も払うシステムのようです。温泉はバラックの奥の方にあるようですが、このバラックのようなところでは食事もできるようで、メニューが掲げてありました。けっこうお客さんは多いのかもしれませんね。奥の浴舎につくと、中は簡易的な脱衣場になっていました。けっこう狭い感じです。また、ちょこっと年季も入っていて清潔感には乏しい雰囲気がありました。
浴室に入ると、こちらはコンクリート製の湯舟が2つ、それから洗い場が2つ、また小さなステンレス製の水風呂がありました。小ぢんまりとはしながらも、混雑しなければゆったりとした感じです。外側は窓ガラスになっていて、外を流れる小川を眺めることができます。すごく静かで、たまに対岸を走るクルマの走行音がするくらいです。あとは鳥と虫の声ですかね。実に癒されますねぇ。
湯舟は2つありますが、片方に湯が注がれ、もう片方はそのオーバーフローと水が注がれています。そのことにより、左側の熱い方で40〜42度、右側の温い方は32度〜36に設定されていると書かれています。しかしながら、熱い方もかなりぬる目でした。常連さん曰く、今日は調子が悪いのではないかとのこと。いつもなら熱くてすぐに出ちゃうのにとおっしゃっていました。
おかげで熱い方でもゆっくりと浸かれ、ぬるい方では眠くなるくらいでした。また、ほんのりと硫黄泉のような玉子のような匂いもありました。湯は無色透明でとても透き通った印象の湯です。とても柔らかな感覚があり、この透明度といい、気分よく浸かることができました。何も飾らない素晴らしさと、この透明感ある湯にすっかり酔いしれてしまいました。こんな湯が大阪にあるなんて不思議なくらいです。ずっとこのままでいて欲しいと思う、隠れた名湯でした。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.