能勢温泉(大阪府) 
のせおんせん

DATA
所在地大阪府豊能郡能勢町山辺
入浴 2014年8月
泉質 単純弱放射能泉
泉温 源泉34.2度
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、痔疾、通風、動脈硬化症など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
素朴度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

大阪府の一番北の端っこ、能勢町にある能勢温泉は、キャンプ場も備えた大きな観光旅館です。大阪府というと大都市というイメージが強いですが、ここは周囲を緑豊かな山々に囲まれ、とっても静かな山の中にあります。山の谷間には田畑が縫うようにして走り、山里の風景が広がっています。大阪の市街地から1時間ほどで来れるので、ちょっとしたドライブで癒しを満喫できそうです。
しかもここには天然温泉も楽しめるということで、温泉好きにもたまらない魅力的なところのようです。元々、かんぽの宿だったというこの施設は、民間による営業で再起を果たし、今では人気のスポットのようです。立ち寄りでの入浴も可能ということで、さっそくやってきました。けっこう大きなホテルだということもあり、駐車場も大きいのですが、お昼にはもういっぱいです。
そんなに入浴客が多いのかと思ったら、何とここはランチバイキングが有名だそうで、それを食べに来たグルメ客のようです。平日の昼前だというのに、次から次へと駐車場には車が流れ込んできます。とても尋常ではない様子なので、こちらも気になるので、浴後にランチバイキングを楽しみたいと思います。さて、浴場は館内の1階奥にありました。ロビーの自動券売機で入浴券を購入して浴場前の受付に渡します。
廊下にある貴重品ロッカーを利用する場合は、受付の方に伝えると使えるようです。浴場は内湯と露天風呂がありますが、意外とそんなに大きくはありません。中の小ってぐらいですかね。ボディソープ、シャンプー、コンディショナーの用意された洗い場が奥にあり、窓際に大きな湯舟があります。浴室の中央には小さな湯舟があり、ここは水風呂のようになっていました。水風呂のようなという表現は、水にしては冷たくなく、ぬるいというよりは冷たいような、何とも中途半端な湯舟です。
しかも、湯舟の中にジェットの噴き出し口みたいなものがいくつもあります。しかしながら噴射しているわけでもなく、とにかくぬるい水風呂でした。窓際の湯舟は主浴槽ですが、こちらもそんなには熱くはありません。壁の湯口からトロトロと無色透明の湯が注がれています。金属製の湯口ですが、湯の通ったところが赤茶色に変色していました。温泉の成分によるものでしょうかね。透明度の若干鈍い感じの湯で、あっさりとしていて目立った特長はありませんでした。
カルシウムを多く含む温泉なのだそうですが、それを実感できるような特徴は感じられませんでした。露天風呂はすぐ外側にありますが、その手前にテラスがあり、ゆっくりと涼むことができます。そしてその下側に岩風呂がありました。露天は内湯に比べて透明度が高く、また消毒臭が強いので、雰囲気はいいものの興醒めしてしまいます。ただ、真夏の高原の風がとても気持ちよく、ついつい長湯してしまいます。
野鳥と虫の声を聞きながら、自然を味わうことができました。大阪にこんな場所があったなんてと、不思議な気持ちになりながらゆっくりと過ごせました。浴後にはランチバイキングにいってみたのですが、人気があるだけあってなかなか豪快なものでした。メニューの種類も豊富で、見た目も味もなかなかのもの。ついつい食べ過ぎて、しばらく動けなくなるほどでした。あまり欲張ってはいけませんな。食べすぎに注意しましょう。何はともあれ、グルメと温泉で癒される、すばらしい山里の旅館でした。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.