亀谷温泉・白樺ハイツ(富山県) 
かめがいおんせん・しらかばはいつ

DATA
所在地 富山県富山市亀谷
入浴 2014年6月
泉質 単純硫黄泉(低張性・アルカリ性・温泉)
泉温 源泉32.0度
形態 公営国民宿舎 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

有峰ダムは堤高140メートルを誇る重力コンクリート式のダムで、治水や発電に利用されています。そのダム湖である有峰湖畔には遊歩道やキャンプ場などがあり、アウトドアで自然を満喫できるネイチャースポットとして人気があるそうです。その有峰湖に向かう途中、有峰林道の入口手前に亀谷温泉があります。亀谷と書いて「かめがい」と読むそうです。白樺ハイツという宿泊施設で日帰り温泉入浴ができるようなので、ちょっと立ち寄ってみました。
有峰口駅の方から登っていくと、やがて亀谷温泉郷入口と書かれたゲートが見えてきます。温泉郷ということは他にも入浴施設があるのでしょうか、気になって先に進むと、やがて高台にその白樺ハイツが見えてきました。他にいくつか旅館もあるようですが、入浴を受け付けているのかどうかは不明です。さて、こちらの白樺ハイツですが、平日の昼間にも関わらず、けっこう客が来ているようです。人が多いということは、それなりにいい温泉なんだろうと先に進みます。
ちょっと古びかけた感じの大きな建物で、年季は感じるものの汚いとかいうような悪い印象はありません。ロビーに入ると館内はとても綺麗で、普通の宿泊施設です。入浴券の自動券売機があるところを見ると、積極的に入浴客を受け入れているようです。浴場は階段をおりた地下にありました。長い廊下を抜けた先に浴室があるのですが、休憩室にも人がたくさんいたので、1日のんびりと過ごしている方々なのでしょう。脱衣場は棚にカゴといったいたってシンプルなスタイルです。
出入口のところに貴重品用のロッカーもあるので、財布等はそちらに預けます。浴室に入ると、タイル張りのこれまたオーソドックスなスタイルの浴室です。奥側に洗い場があり、窓際に湯舟があります。小さな水風呂とサウナもありました。湯舟の湯は無色透明のとても綺麗な色をした湯です。窓が大きくて外の景色が見渡せます。地下にあるといっても山の斜面、しかもちょっと高台にあるので、とても見晴らしのいい景色です。見晴らしのいいといっても、谷間を眺めるような感じです。
ちょうど新緑の眩しさが際立った時季だったので、長閑な景色を眺めながら癒される気分です。さっそく湯舟に浸かりますが、湯はサラサラとしていて、そして微妙なツルツル感があります。そんなに強いインパクトはなく、とても優しい感じです。また、そんなにぬるくもないのですが、優しい肌触りなのでついつい長めに浸かることができました。脇には露天風呂もあるようです。こちらは岩風呂になっていて、横幅は3〜4メートルぐらいでしょうか、小ぢんまりとした湯舟です。露天ということですが、屋根も窓もあります。
いや、窓というより網戸です。場所柄、また季節柄、とても虫が多いので、虫除け対策として全体を網戸で囲っているようです。風は通り抜けていくので、気持ちよく湯舟に浸かれました。また内湯に戻って湯舟に浸かっていると、先ほどからどうも水風呂が大人気です。すごく小さな浴槽なのですが、常に誰かが入っています。何故だろうと近づいてみると、温泉水風呂と書かれているので、どうやら源泉浴槽のようです。入ってみると、何だかとても臭い匂いがありました。
どう表現していいのでしょう、微かに妙な匂いがあるのです。また、注がれる水を舐めてみると、微妙に甘いような、後からフワッとした香りが広がる、お茶のような味覚がありました。なるほど、ずいぶんと個性的な源泉のようです。水風呂も冷たすぎず、ちょうどいい冷たさなので、なるほど人気があるのもわかります。館内には食堂もあるのですが、ちょうどお昼の営業が終わってしまったところで、次は夕食時まで待つようです。メニューを見ると、いろいろとおいしそうなものがあるので、行くならランチ時か夕食時がいいかもしれません。気軽に立ち寄れ、ゆっくりと過ごすことができる温泉施設でした。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.