立山吉峰温泉・グリーンパーク吉峰 ゆ〜ランド(富山県) 
たてやまよしみねおんせん・ぐりーんぱーくよしみね ゆ〜らんど

DATA
所在地富山県中新川郡立山町吉峰野開
入浴 2014年6月
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
泉温 源泉32.8度
湧出量毎分150リットル
PH 9.2
蒸発残留物0.344g/kg
形態 自然体験施設の温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

グリーンパーク吉峰は、田園地帯と森に囲まれた長閑な場所にある、自然を満喫する緑のテーマパークです。宿泊施設をはじめ、バーベキュー施設やコテージ、キャンプ場、温泉施設に陶芸体験まで、様々な施設を楽しめる体験型の施設のようです。もちろん今回の目的は温泉に入ること、ということで立ち寄りでやってきました。富山の市街地からクルマで30〜40分ほど、静かな森の中に施設があり、大きな駐車場の前には木造の横に長い建物があります。
三角に突き出た屋根がとても特徴的でかわいらしい印象です。ここは宿泊施設がメインのようですが、日帰り温泉としても人気があるみたいです。平日の昼間に訪れたのですが、駐車場がいっぱいになるくらい人が多かったのにはびっくりしました。休憩室を利用して1日ゆっくりと過ごす人たちが多いようです。自動券売機で入浴券を購入すると下足箱に向かうのですが、下足箱がまたズラッと並んでいて、なんだか小学校の下足箱のような雰囲気がありました。
受付をすると鍵付きのリストバンドが手渡されるので、そのまま浴場に向かいます。浴場は右側のずっと奥の方へと向かったところです。ずいぶんと奥まったところに浴場があるようです。途中には休憩室もあります。脱衣所はゆったりとしていて、大き目のロッカーが嬉しいです。さっそく浴場に入りますが、ゆったりとはしながらもタイル張りのとてもオーソドックスなスタイルです。
湯舟もいっぱい並んでいるので小さな健康ランドのような印象を受けました。洗い場はところどころに点在していて、17基ほどありました。湯舟がたくさんあるのですが、手前から薬湯、熱めの湯、ぬるめの湯、水風呂、そしてサウナがあります。薬湯は入浴剤を利用した湯のようで、クリアで毒々しいブルーの湯でした。熱め、ぬるめの湯舟は温泉のようです。
無色透明の湯で、アルカリ性特有のつるんとした印象の湯です。まぁ、こういう施設だから仕方ないのかもしれませんが、やや消毒臭が強い気がします。温泉分析表によると源泉は無臭だそうなので、余計に臭いが気になってしまいました。ちなみにぬるめの湯の方もそんなにぬるいわけでもなく、ちょうどいいぐらいの温度で、熱めの湯が少し温度が高い程度でした。
露天風呂もあるようなので、一番奥かと思っていってみると、そこは外にスペースはあるものの出られないようになっていて、「露天風呂は反対側です」と書かれていました。サウナの手前に露天の出入口があります。外に出ると大きな岩に囲まれた岩風呂で、そこそこゆったりとした大きなものです。ちょうど太陽の照りつける真昼間だったので、燦々と降り注ぐ日光を浴びながら気持ちよく湯を楽しめました。
露天では光の加減からなのか、微妙に黄色っぽくも見えますが、ほとんど無色透明です。湯舟の中には平らに磨かれた岩が中央にあり、そこに座りながら寛ぐこともできます。せっかくの露天なので景色はどうなのかというと、立ち上がると外の長閑な景色がちょっとだけ見えるのですが、湯舟に浸かると岩しか見えません。平野部にある温泉施設なので仕方ないのかもしれませんが、もう少し開放的でもよかったのかなと思いました。





Copyright(C)2017 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.