平湯温泉・足湯公園(岐阜県) 
ひらゆおんせん・あしゆこうえん

DATA
所在地岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
入浴 2014年6月
形態 足湯 男女混浴
脱衣所なし
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

高山市にある平湯温泉は、安房トンネルの岐阜県側入口近くにある奥飛騨温泉郷の玄関口にあたる温泉地です。奥飛騨観光やトンネルを越えての上高地観光など、観光の拠点として人気の温泉地です。温泉としての歴史も古いようで、戦国時代には発見され利用されていたようです。今回は新穂高温泉に向かう途中で平湯温泉を通りかかりました。
せっかく平湯温泉までやってきたのだから、どこかで温泉に入りたいなと思ったものの、ちょっと遅い時間に来てしまったので足湯を探して温泉街を歩くと、バスターミナルから100メートルほど、中村館の正面には足湯公園がありました。温泉街のいたるところから湯けむりが上がっているので、いかにも温泉地って感じがたまりません。この足湯公園ももくもくと湯けむりが上がっていて、とても風情があります。
夜間だったのですが、ライトアップもされていて、薄暗いながらも足湯を楽しむことができます。24時間利用できるというのは大変ありがたいです。とても小さしな施設ですが、誰でも無料で利用できるのは嬉しいですね。湯舟は屋根がついていて、細長く折れ曲がっています。コンクリートで固められた湯舟で、しっかりと整備されているので、それなりの人数が同時に利用できそうです。
平湯らしいけっこう熱めの湯で、底には温泉の成分が沈殿していて、場所によってはヌルヌルしています。湯舟の中を歩くときは滑りやすいので注意しながら進んだ方がいいです。いや、むしろ場所を移動するときは湯舟の中を通らずに、外側から回った方が無難でしょう。一番奥側に湯の注ぎ口があり、奥に行けばいくほど、温度が高くなってきます。好みの場所を見つけて、じっくりと浸かってみます。
足湯って不思議とすごく汗が出るんですよね。冬でも足先だけで全身があたたまるから大したものです。湯は鉄分の香りというか、錆びたような臭いがあり、血のような酸っぱさと苦味のある湯です。気分よく浸からせていただきました。ちなみに足湯の脇には足ツボを刺激する、小石の埋め込まれた歩道があったり、まさに足湯公園って感じです。足先からの健康増進で、旅を楽しく過ごしましょう。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.