春日温泉・隠れ宿ゆざわ荘(長野県) 
かすがおんせん・かくれやどゆざわそう

DATA
所在地長野県佐久市春日
源泉名
入浴 2014年6月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉25.0度
湧出量毎分120リットル
PH 9.6
蒸発残留物134mg/kg
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
優雅度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

佐久市の郊外、山の中にある春日温泉は、古くから名湯と謳われる歴史ある温泉地です。開湯は延宝年間(1673-1681)と言われ、300年以上の歴史を持っているそうです。ゆざわ荘は国民宿舎もちづき荘のすぐ裏にある宿泊施設です。もちづき荘の駐車場を突っ切って、さらに奥へと行ったところに宿は建っていて、まさしく隠れ宿という感じです。
ところが建物も大きく、とても優雅な雰囲気を感じるので、癒しの旅館というところでしょうか。以前、もちづき荘には宿泊したことがあったのですが、すぐ裏にこんな宿があったとは気付きませんでした。宿泊したのはずいぶん前なので、後からできたのかもしれません。日帰り入浴も受け付けてくれているというので、さっそく訪れてみました。
フロントで受付をすると、左の廊下をまっすぐ奥へと進んで浴場へと向かいます。廊下の突き当たりに浴場がありました。脱衣所は比較的シンプルで、棚にカゴ、そして洗面台があります。意外と小ぢんまりとした印象を受けます。浴場に入ると、ムッとした熱気が包み込みます。ボディソープとリンスインシャンプー、固形石鹸の用意された洗い場、そして長方形の長細い湯舟がひとつあります。
けっして狭くはないですが、そんなに広い印象もありません。ただ、正面は大きなガラス窓になっているので、外の景色が見えます。そして外には何が見えるかというと、なんと馬が見えるのです。実はすぐ裏側が望月馬事公苑となっていて、乗馬を楽しむ人たちを眺めながら入浴することができるのです。コースもいろいろとあるようで、いくつかエリアがわかれていました。
初心者の人でも専門のコーチが指導してくれるそうなので、安心して乗馬を楽しむことができるそうです。そんな乗馬風景を楽しみながら湯舟に浸かれるのは、面白い気分です。しかも、すぐ脇には露天風呂もあります。こちらは小さな岩風呂で、窓がないのでもっち身近に見えるような感じです。こちらからもよく見えるということは向こう側からも見えるはず。あまり乗り出さすと恥ずかしい思いをするので気をつけましょう。
ちなみに名湯といわれる春日温泉は、無色透明でツルツルとした浴感の湯です。もちづき荘ではジャンジャンと掛け流されているので新鮮な肌触りを楽しむことができましたが、こちらはやや新鮮さに欠けるような気がします。内湯はまだいいのですが、露天風呂では消毒臭もガンガンするのでやや興醒めしてしまう感じも否めませんでした。しかしながら、このロケーションと雰囲気はなかなかのもので、好みはわかれることでしょう。雰囲気重視の宿だと感じました。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.