せせらぎ温泉(長野県) 
せせらぎおんせん

DATA
所在地長野県佐久市鳴瀬
入浴 2014年6月
泉質 カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩冷鉱泉
泉温 源泉17.3度
PH 7.18
蒸発残留物375mg/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度☆☆☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

長野県佐久市、千曲川の支流湯川のほとりに「せせらぎ温泉」という日帰り温泉施設があります。たまたま近くを通りかかった際に看板を見つけたので、立ち寄ってみることにしました。せせらぎの湯なんて、いかにも日帰り温泉っぽいネーミングだったので、ファミリーや老人たちがワイワイと賑わう健康ランドの様な温泉施設を想像していたのですが、実際に辿り着いてみるとそれらしきものが見当たりません。
代わりに料理旅館のような落ち着いた和風の建物が緑に囲まれて建っています。場所を間違えたのかと入口前で確認するも、案内の看板はこちらを指しているようです。とても日帰り温泉という雰囲気はありません。しかも、日曜日の真昼間だというのに入浴客らしき人影も見受けられずとても静かなので、休業日なのかと思うほどです。入口にはしっかりと「営業中」の看板があったので、閉まっているわけではないようですが、他に客がいる気配がなかったので少々不安になりました。
施設は小さなものではなく、そこそこの大きさがあるのですが、かなり穴場的な存在のようです。入口の看板を見ると、どうやら温泉だけでなく川魚料理も自慢のようです。ナマズや佐久鯉をはじめ、鮎や鱒など、食事も楽しめるようです。館内に入るとチャイムが鳴って、正面の受付の奥から人が出てきました。とりあえず入浴ができそうなので受付を済ませるとすぐ右側に浴場の入口があります。
左側には広間があり、食事のできる休憩室のようです。館内や脱衣所はやや薄暗い雰囲気があり、とても寂しい印象があります。とても静かでやはり先客もいないようでした。脱衣場はゆったりと広く、棚に大き目の脱衣カゴが並んでいました。浴室は内湯のみですが、巨石を配したダイナミックな岩風呂になっています。ゆったりとした浴室なので、大きな石があっても邪魔になりませんが、とてもワイルドな雰囲気があります。
内壁側に洗い場があり、外側に湯舟があります。浴室も薄暗い感じがあり、また全体的に鄙びた雰囲気が妙にノスタルジックな雰囲気を演出しています。ちなみに鄙びているといっても、不潔な雰囲気はなく、清掃も行き届いていてしっかりと管理されている模様です。さっそく湯舟に入ると、こちらは無色透明の綺麗な湯ながらも、底の部分などが赤茶色に染まっています。湯舟はコンクリート製なのですが、温泉の成分によるものなのでしょう、完全に着色された感じです。
また、ややぬるめに感じながらもしっかりと熱を感じる湯で、微妙なツルスベ感があるのもポイント高いです。すごく静かで、こんなにいい湯なのに人がいないなんて、とても意外な感じです。まさか何か悪い噂でもあるのではないかと妄想してしまうぐらい意外な静けさです。しばらく独占しながら湯舟に浸かっていましたが、やがて後から入浴客がひとりやってきました。
その後もしばらくのんびりと浸かっていたのですが、他に客がくることもなく、のんびりと過ごすことができました。こんなにいい湯で雰囲気も悪くないのに、どうしてこんなに空いているのでしょう? 時間帯によっては多少賑わうこともあるのでしょうか。とてももったいなく感じる秘湯でした。ちなみに入浴前に料理を頼んでおくと、浴後にすぐ食事をとることができるそうです。自慢の川魚料理も気になりますね。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.