福寿温泉・じょんのび館(新潟県) 
ふくじゅおんせん・じょんのびかん

DATA
所在地新潟県新潟市西蒲区福井
入浴 2014年5月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
泉温 源泉46.4度
湧出量毎分180リットル
掘削深度1400メートル
PH 7.3
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

新潟県新潟市西蒲区にある角田山は登山客に人気の標高481メートルの山です。初心者でも登りやすい山として、子どもからお年寄りまで、幅広い層に人気があるのだそうです。登山というと深い山の中ってイメージもあるでしょうが、ここは海岸に近いところにある山です。平野の景色と海の景色も楽しめるとあって、ハイキングにぴったりの山なのだそうです。その角田山の南麓に福寿温泉じょんのび館という日帰り温泉施設があります。
登山の後に、また海水浴の後にと、アウトドアで汗を流した後の癒しの温泉として人気があるそうです。海岸から2キロほどしか離れてなく、山を降りればすぐ集落のあるところですが、けっこう静かなところにあるので人里離れた山の中というイメージの中に施設がありました。しかしながら、施設としてはけっこう大型のもので、広い駐車場の奧に大きな建物。そして館内には大きな広間や食事処もあるようです。館内に入るとフロントで受付をします。
するとバスタオル、ハンドタオル、館内着の入ったバッグを手渡されるシステムとなっていました。手ぶらでも気軽に立ち寄れるようです。ホテルのエントランスのようなゆったりとしたロビーを抜け、奥に進むと浴室がありました。その手前には広間の休憩室があります。脱衣所はロッカーがズラリと並んでいます。かなり沢山の収容キャパがありそうです。ただ、ロッカーの間隔がやや狭い感じなので、シーズン中の混雑時とかはごった返すかもしれません。内湯はゆったり広々とした印象です。
白いタイル張りのオーソドックスでシンプルだけども、ゆとりのある感じです。混雑のピークを避けたこともあり、広々と感じていい気分です。正面には大きな湯舟があり、思いっきり手足を伸ばして湯に浸かることができました。また、この湯舟には寝湯があったり、浴室の中央にはジャグジーがあったり、また、ミストサウナや打たせ湯などもあります。ずいぶんとバラエティに富んでいて、スーパー銭湯並みの設備があります。ちなみに浴室は「平家の湯」と「源氏の湯」とあるようで、平家が洋風、源氏が和風の浴室となっているそうです。
定期的に男女が入れ替わるシステムになっているのでしょうか、今回は洋風の「平家の湯」となっていました。内風呂を楽しんだ後は、露天風呂に出てみたいと思います。内湯から露天へと出る扉を開けると、そこから下へと続く階段がありました。すぐ目の前に露天風呂があるのではなく、ちょっと先にあるようです。距離がちょっとあるからなのか、サンダルが用意されているので、それを履いて下まで降りていきます。階段を降りきると開放感たっぷりの大きな露天風呂が目の前に広がります。
こちらは岩風呂になっていて、ゆったりと広いのですごく落ち着いたいい雰囲気です。内湯は洋風でしたが露天は完全な和風で、石垣の壁と東屋根が印象的です。石垣には高い位置から湯が落ちていて、打たせ湯にもなっていました。周囲は木々もあり、森を抜ける風が心地よく、緑の中のゆったりとした庭園風呂という感じです。また、能舞台のような涼むためのスペースもあり、とにかくゆったりとした雰囲気です。さて、気になる温泉ですが、無色透明だけれども、ほんのりと塩味のある湯です。
わりとサラッとしていて、ベトつく感じではありません。湯量が豊富なので掛け流しになっているそうです。施設が充実していて雰囲気もいいので、1日ゆっくりと過ごすのにはいいかもしれません。むしろそれなりに料金もするので、逆にちょっとだけ立ち寄るのに利用するのはもったいないほどです。ハイキングや海水浴などしっかりと計画を立てて、しめくくりに温泉でじっくりと過ごすのがいいでしょう。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.