御神楽温泉・あすなろ荘(新潟県) 
みかぐらおんせん・あすなろそう

DATA
所在地新潟県東蒲原郡阿賀町広谷乙
源泉名御神楽温泉4号
入浴 2014年5月
泉質 ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素温泉
泉温 源泉53.7度
湧出量毎分74.7リットル
PH 7.98
成分総計1094mg/kg
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
秘湯度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

新潟市街地から磐越自動車道経由で1時間ほど、深い森の中に御神楽温泉があります。奥阿賀周辺は緑の豊かな大自然に囲まれ、とにかく静かな雰囲気がいっぱい、小さいながらも魅力的な温泉地も点在していて、とても気になる地域です。津川インターから20〜30分ほど山を登ったところにあり、先に「みかぐら荘」が見えてきて、さらに奥に入った山の中にポツンと建つのが「あすなろ荘」です。
あすなろ森林公園というキャンプ場や釣堀などのあるネイチャーゾーンが、宿のすぐ目の前に広がっています。今回は立ち寄りでプラッと寄ってみました。ここは日帰り入浴も受け付けてくれているようですが、シーズンによっては混雑したり、宿泊者優先で制限されてしまったりすることもあるそうです。季節的にはちょうどよくなってきた新緑の頃だったのですが、まだ混雑するほどではないようで、静かな雰囲気がありました。
山の中の緑深い場所ですが、木造の比較的大きな建物で、山小屋風のとても洒落た雰囲気があります。浴場は館内のずいぶん奥まったところにありました。奥まったというよりも、川を挟んだ対岸に浴場があるのです。川は渡り廊下が架かっているのですが、景色を楽しめるようにか途中にベンチなどもありました。浴後にはここで風流に涼むのもいいですね。
脱衣場はこざっぱりとしていながらも清潔感があります。どうしても山の中の宿などは虫が多くて、すぐに汚れてしまいがちですが、しっかりと清掃が行き届いているようです。浴室も小ぢんまりとしていますが、こちらもモダン和風な印象で雰囲気もいいです。湯舟はひとつだけですが、小柄ながらもゆったりとした感じです。無色透明の透き通った綺麗な湯でさっそく浸かってみますが、何と表現したらいいのか、すごく軽いのです。
とてもあっさりとした軽い感触の湯で、またツルツルとした浴感もあってなかなかの浴感です。また温度も少しぬるめだったので、じっくりと浸かることができました。そして気になるのが露天風呂です。外側に露天があるのですが、階段で一段下がったところに湯舟があります。湯舟は岩風呂になっていて、そのすぐ脇には渓流が流れています。
ザワザワザワッと軽快に流れる水の音を聞きながら、とても爽やかな気分で湯舟を楽しめます。渓流の対岸は林になっているので、まさに森林浴気分で入浴することができました。ここなら真夏の暑い時期でも、森を抜ける風が気持ちいことでしょう。都会の喧騒を忘れて、じっくりのんびりと過ごしたいところです。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.