長峰温泉・ゆったりの郷(新潟県) 
ながみねおんせん・ゆったりのさと

DATA
所在地新潟県上越市吉川区長峰
入浴 2014年5月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温 源泉42.6度
湧出量毎分110リットル
PH 7.6
蒸発残留物12,000mg/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

上下浜の近く、道の駅「よしかわ杜氏の郷」の目の前にある温泉施設が長峰温泉ゆったりの郷です。ゲートボール場やレストランも隣接していて、地域の方々の憩いの場になっているようです。今回はゴールデンウイークの真っ最中に訪れました。さすがに道の駅に隣接するだけあって、駐車場も広々としています。また、その広々とした駐車場が埋まってしまうほど混雑していて、その人気の度合いがうかがえます。
館内に入ると下足箱、そして受付があります。ちょうどこどもの日ということで、訪れたお子さんには風船人形のプレゼントを行っていました。家族連れには思わぬサプライズ演出で楽しいですね。受付ではシューズロッカーの鍵と引き換えに脱衣所のロッカーキーを交換するシステムとなっていました。浴場は館内のずっと奥の方にあります。途中には広間の休憩所もあります。
ここでは食事もできるようで、みんなゆったりと過ごしていました。脱衣所はスチールロッカーが並びますが、わりと手狭という印象を受けました。手前側と奥側に洗面台があります。さっそく浴場に入りますが、こちらはそれなりにゆったりとした感じです。正面には大きな主浴槽があり、左手には小さな円形の湯舟が2つ並んでいました。
2つの湯舟のうち奥側にあるのが、天然ラジウム鉱石風呂で、手前側にあるのが薬草風呂のようですが、今回はこどもの日ということもあり、菖蒲湯となっていました。生の菖蒲がプカリプカリと浮かんでいます。こういった季節感のあるイベント湯は伝統も感じられとてもいいものですね。主浴槽はくすんだ黄色をした湯です。浴室に入った瞬間に感じるのですが、かなりしょっぱいような苦いような強食塩泉独特の臭いがします。
さっそく湯舟に浸かると、案の定、体の小さな傷がうづくようにしみます。舐めてみると、海水のようなしょっぱさと苦さがありました。塩分を多く含んでいるので、しっとりとした肌にまとわりつくような浴感がありました。露天風呂も内湯と同じように天然温泉が利用されています。ベンチも置かれているので、火照った体を冷ますのにもちょうどいい感じです。
せっかくの露天ですが、壁が高いので景色はまったく見えません。平野部にあるので、景色が見えたとしても見晴らしがいいわけではないので、仕方がありませんね。ちなみに露天にはビーナスのような石像が立っていて、洋風の洒落た雰囲気もありました。浴後は2階にあるリラックスルームでゆっくりと休むこともできます。それから浴場は温泉浴場の他に酵素風呂というのもあるようです。
こちらは別料金になりますが、桧のおがくずと酵素をブレンドした酵素風呂だそうで、砂風呂のように体をうずめて入るのだそうです。新陳代謝が促され美肌効果が期待できるのだとか。今回は露天が洋風でしたが、和風タイプもあるようです。定期的に男女が入れ替わっているのですかね。施設のネーミング通り、ゆったりとできる温泉施設でした。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.