島田市田代の郷温泉・伊太和里の湯(静岡県) 
しまだしたしろのさとおんせん・いたわりのゆ

DATA
所在地静岡県島田市伊太
源泉名(内湯)島田田代温泉 島田4号
(露天)川根温泉ふれあいの泉 茶里夢の泉笹間渡1号
入浴 2014年4月
泉質 (内湯)ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
(露天)ナトリウム−塩化物温泉
泉温 (内湯)源泉43.4度、(露天)源泉48.6度
湧出量(内湯)毎分116リットル、(露天)毎分864リットル
PH (内湯)8.2、(露天)7.9
蒸発残留物(内湯)2.614g/kg、(露天)11.37g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
穴場度☆☆
野趣度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

島田の市街地からクルマで15分ほど、新東名高速をくぐった先の山の中にある日帰り温泉施設が島田市田代の郷温泉「伊太和里の湯」です。どうやら市営の温泉施設のようです。島田市に泊まる用事があったので、近くの温泉施設を探したら見つけたのがこの施設です。さっそく訪れてみると、街中から近い割りにこれがまたけっこうな山の中といった、山々に囲まれた静かなところです。
そこにポツンとあるのかと思ったら、ドドーンと大きな施設が構えていました。駐車場もゆったりと広いし、建物は平屋建てながらも大きいみたいで、温泉施設だけでなく食事処やリラクゼーションもある大型の施設になっていました。館内に入ると、木目の鮮やかな木造建築で、ゆったり感のある優雅な佇まいです。受付をするとカードを渡され、いざ浴場に向かいます。
浴場は中庭の先にあります。脱衣所に入るとズラッとロッカーが並んでいます。先ほどのカードには番号が書かれていますが、ロッカーの番号とは連動していません。好きな場所のロッカーを利用できます。カードは鍵の補助のような役目をするようで、使い方に最初は戸惑いそうですが、直感的に使い方はわかると思います。説明が図解でありますが、扉の裏にあるポケットにカードを挿し込めばいいのです。
珍しいタイプのロッカーですね。内湯はわりとシンプルな雰囲気があります。手前に洗い場があり、奥には湯舟がありますが、湯舟は両サイドに小さな湯舟があり、そのオーバーフローが奥の主浴槽に流れ込むスタイルです。シンプルながらもお湯の流れを感じる独特の雰囲気がありました。湯舟の湯は白濁とまではいかないながらも、少し濁りのある湯です。
さっそく入ってみると、これがまたツルンとした滑らかな湯です。ミネラルというか鉱物っぽい硬い感じの臭いもありました。とてもいい気分で、すっかりこの泉質が気に入りました。露天に出てみると、こちらはなかなか広めの開放感溢れるスペースです。手前側に源泉温泉と書かれた湯舟があり、正面にはぬるめの炭酸風呂。そして水風呂とサウナがありました。
森に囲まれるように露天もあるので、ワイルドな雰囲気を楽しみながらゆっくりと浸かることができました。ここで気になるのが源泉の浴槽です。こちらは無色透明の綺麗な湯なのです。こちらもツルツルとした浴感はあるものの、湯の質が内湯とぜんぜん違います。また、すごく重たい感じのする湯だったので舐めてみると、塩味のする湯でした。内湯とはずいぶんと印象が違うなぁと思ったら、なんと別の温泉なのでした。
内湯は田代の郷温泉が使われていて、露天風呂は大井川の少し上流にある川根温泉から運ばれてきた湯なのだそうです。内湯と露天で別々の温泉に入れてしまうわけなんですね。なんとも贅沢な感じです。雰囲気もよくて、温泉もよくて、これでいて料金も安いのだから言うこと無しって感じです。日曜日の午前中に訪れたのですが、こんなに好印象の温泉施設なのに、客が意外と少ないのが気になりました。
すごく人気が出てもおかしくないように感じるのですがね。常連さんらしき人も、ここのところ人が少ないなとおっしゃっていました。一時的なものかもしれませんね。のんびりゆったりと浸かれたので、とてもラッキーでした。今回は食事はしませんでしたが、メニューも豊富で、写真を見る限りとてもおいしそうでした。まったりと過ごすにはいいところだと感じました。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.