湯口温泉・門野の湯(山梨県) 
ゆぐちおんせん・かどののゆ

DATA
所在地山梨県南巨摩郡身延町門野
入浴 2014年4月
泉質 アルカリ性単純硫黄冷鉱泉
泉温 源泉21.3度
湧出量毎分65リットル
PH 8.6
蒸発残留物0.944g/kg
形態 高齢者保養施設 男女別
効能 切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆
素朴度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

山梨県南巨摩郡身延町、身延山久遠寺の少し南の湯沢川沿いにある門野の湯は、高齢者保養施設を謳う日帰り温泉施設です。山に囲まれたとても静かな場所にあり、とても穴場的な雰囲気にある小さな温泉施設です。高齢者保養施設となっているので、一般の人は最初躊躇してしまいがちですが、一般の方も気軽に利用できます。
細い通路の先に温泉施設がありますが、小ぢんまりとしながらもとても綺麗な建物がありました。平成4年(1992)にオープンしたものだそうですが、もっと新しく感じるくらい綺麗でした。駐車スペースは何だかとても停めづらい感じのところで、後から来た常連らしき人に邪魔にならない停め方を聞いてしまうぐらい中途半端な駐車場です。
館内はとても静かですが、休憩室や食事処もあるようです。ロビーの先に浴場がありました。脱衣所はスチールロッカーに棚にカゴ、洗面台、そして大きな体重計。いたって広すぎず狭すぎずのシンプルな感じです。浴室も小ぢんまりとはしながらもなかなか明るい雰囲気があります。内湯のみの浴場ですが、手前右側に洗い場、左側には気泡浴槽、そして正面には大きめの主浴槽があります。
主浴槽は大きなガラス窓際にあり、そこからは対岸の木々や沢を眺めることができます。春なら新緑、秋なら紅葉も楽しめることでしょう。内湯ながらも狭苦しさもなく、快適な印象がありました。さっそく体を流して湯舟に浸かります。気泡浴の浴槽は無色透明の湯、そして主浴槽の湯は青白く白濁した湯となっていました。さっそく主浴槽に浸かると、けっこうぬるめの湯に驚きます。
寒いというほどではありませんが、かなりぬるいです。また、ツルツルとした浴感もあり、この感触の良さはたまりません。実は何年か前にも訪れたことがあるのですが、そのときはやたらと消毒臭が鼻をつき、ほとんど印象も残っていないようなあっさりとした湯だった記憶があるのですが、今回はまるで印象が違います。
記憶違いなのかもしれませんが、今回はそんなに消毒臭がキツイわけでもなく、とにかく滑らかで快適でした。しかしながらあまりにもぬるいので、いつまで経っても体が温まりません。では気泡浴の方はどうなのかと入ってみると、こちらは温かいです。温かいといってもこちらもぬるい湯です。壁の貼紙によると温かい方は40度、ぬるい方は37度と書いてありました。
体感温度はもっと低いような気がします。一度温かい方に入ってしまうと、ぬるい方は冷たく感じるほどでした。でも不思議と長く浸かっていると温かくなってくるものですね。それから浴後に気が付いたのですが、湯舟に浸かっているときは、特に臭いを感じなかったのに、あとから体から硫黄泉特有の硫化水素のような臭いを感じました。潜在的にアピールしてくる、不思議な温泉だと感じました。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.