湯郷布森山温泉(福島県) 
ゆごうぬのもりやまおんせん

DATA
所在地福島県耶麻郡猪苗代町若宮
源泉名布森温泉
入浴 2014年3月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉28.1度
湧出量毎分141リットル
PH 9.5
蒸発残留物77.1mg/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
穴場度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

湯郷布森山温泉は、猪苗代湖から沼尻温泉へと抜ける途中、中ノ沢温泉の2〜3キロ手前にある日帰り温泉施設です。国道115号線から少し外れたところにあり、国道沿いにも看板があるのですが、長閑な田園地帯の途中にポツンと看板があるので、ついつい見過ごしてしまいそうなところにあります。今回は小雪のぱらつく3月中旬に訪れました。雪がチラチラと舞っているものの、路面はドライで難なくアクセスできました。
ただ、国道の曲がるポイントだけは気をつけていないと見落としそうな感じだったので、注意しておきましょう。国道を曲がるとあとはまっすぐな道です。川を渡って突き進むとその先に温泉施設が見えてきました。いくつか系列の店舗を持つ日帰り温泉施設のようですが、とても素朴で地味な雰囲気のところです。館内に入ると小さなロビー、そしてすぐに受付があります。
右奥には広間の休憩室もあり、また、浴場入口前は食堂になっていて、ギュッと押し込んだような欲張りな造りの温泉施設です。ところが、そんなに混雑していなかったこともあり、とてもゆったりとした雰囲気があります。季節的にオフシーズンだったのでしょうか、それともけっこう穴場な場所なのでしょうか、雰囲気は悪くないのでラッキーな感じでした。脱衣所は棚にカゴ、そしてコインロッカーが並んでいます。
わりと小ぢんまりとした感じですが、やはり人が少ないのでゆったり感があります。浴室はまず内湯がありますが、石畳の床に長方形の大きな湯舟。そして内壁側に洗い場が7つ並んでいます。規模は小さめにも感じますが、窓ガラスが大きく、そこから外のゆったりとした露天風呂が眺められ、内湯ながらも狭苦しさを感じさせないのはいいですね。さっそく体を流してから湯舟に入りたいと思います。
湯舟の湯は綺麗な無色透明の湯です。アルカリ性の湯ということで、滑らかな感触のある湯なのですが、わりとキュッとした固い印象もあります。擬音で表すと「ツルツル、キュッ」といった感じですかね。癖がないのでとても入りやすい湯です。そしてやはり気になるのは外に広がる大きな露天風呂です。露天は巨石に囲まれた岩風呂になっているのですが、その手前側には大きな屋根がついていて、奥は野天状態です。
すごく広く、また周囲の壁もわりと低めなので、とても開放感溢れる露天風呂です。このとき気になったのが湯舟の奥側にある青いビニールシートで覆われた部分です。最初は何か拡張工事中なのかと思いましたが、湯舟を覆いかぶせるようにシートと、その下にはウレタンか発泡スチロールのような板が浮かんでいるようです。なので、湯舟の湯を冷やさないための保温のためのもののように思われました。
このとき外の気温はマイナス4度。確かに内湯に比べて露天はけっこうぬる目でした。でも、そのおかげかぬる過ぎず、長湯にちょうどいい感じの温度になっていました。チラチラと舞う雪を眺めながらの雪見風呂もなかなか乙なものです。その後ものんびりと湯を楽しみましたが、客の出入りはあるものの、そんなに多くなく、常にゆったりと過ごせる感じです。雰囲気も悪くないだけに穴場的に過ごせるのがとても気に入りました。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.