上諏訪温泉・かんぽの宿諏訪(長野県) 
かみすわおんせん・かんぽのやどすわ

DATA
所在地長野県諏訪市大和
源泉名混合泉(三ツ釜1号・2号源湯、あやめ源湯)
入浴 2014年2月
泉質 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温 源泉64.5度
PH 8.01
蒸発残留物580mg/kg
形態 かんぽの宿 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

上諏訪温泉は諏訪湖の東岸に広がる温泉地です。定期的に高く吹き上がる間歇泉でも有名なところです。湯量豊富な温泉地として知られ、市街地に点在している温泉宿はもとより、学校や公共施設、一般家庭にも温泉が引かれているという、温泉天国なのです。諏訪湖を一望する絶景ポイントに建つ「かんぽの宿 諏訪」は、四季折々の楽しみ方ができる公共の宿泊施設です。
諏訪湖の東側、諏訪警察署やエプソンのあたりから看板に従って山側に進むと宿があります。宿までのアクセスはけっこう細い路地というか、住宅地の中を抜けていくので注意しながら進みましょう。さすがに公共の宿だけあって独特の悠々とした雰囲気があります。館内に入るとフロント正面のロビーからは諏訪湖が一望の息を呑むようなとてもいい景色が広がります。
今回は立ち寄りでの入浴でしたが、もうこの時点で宿泊でくればよかったかなと後悔してしまうくらいダイナミックで素晴らしい景色が楽しめます。浴場はここからさらに上にあがった5階の展望風呂です。エレベータを降りるとすぐ右側に小さな休憩所があります。この休憩所からも景色を眺めることができます。ほんとちょっとしたスペースしかないので、待ち合わせ程度の利用と考えた方がいいでしょう。
浴場は廊下の途中にあります。脱衣所は鍵付きのスチールロッカーが並んでいました。わりと小さめのロッカーなので、立ち寄りで利用する場合は荷物を少なめにした方がいいでしょう。洗面台もゆったりとしていて、そんなに大きな規模ではありませんが可もなく不可もなくって感じです。浴室は内湯のみですが、露天風呂なんかなくても満足度はいくらでもあがるんだなと改めて認識してしまうくらい、こちらもいい雰囲気です。
内壁側に洗い場があり、外側の窓際に湯舟があります。床がスノコ状になったようなタイル敷きで、浴室全体がデザインされたようないい雰囲気でした。そして湯舟ですが、手前と奥とで区切られていて、奥側は気泡浴になっています。無色透明のサラッとした湯がありました。また、手前側には押しボタン式の打たせ湯が2筋ありました。
湯の感触としてはサラッとはしながらも、しっとりとした重たい印象があり、そしてあっさりしているのに肌がつるんとする滑らかさも兼ね備えています。一見おとなしい印象ですが、ずいぶんと欲張りな温泉です。あまりにも湯があっさりとしているので、ツルツルするのが外的要因とは思えないくらいナチュラルな感触でした。そして何よりも感動的なのが、やはりこの景色です。
このときは大雪が降った後の快晴の日です。街は真っ白で諏訪湖は青く、そして周囲の山々も見事なぐらいのコントラストです。思わず見とれてしまうほど、まるで美術館で絵画でも鑑賞しているような気分にさせられるような、幻想的な景色を楽しめました。宿泊して景色や温泉、そして料理も楽しめたら、最高の休日になるでしょう。やっぱり今度は宿泊で訪れたいなと思わせる素敵な宿でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.