信州安曇野穂高温泉郷・しゃくなげ荘(長野県) 
しんしゅうあづみのほたかおんせんきょう・しゃくなげそう

DATA
所在地長野県南安曇郡穂高町有明
源泉名有明厚生温泉源泉と国民宿舎有明荘源泉の混合泉
入浴 2014年2月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉75.4度
PH 8.5
蒸発残留物440mg/kg
形態 日帰り入浴温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆
気軽度☆☆☆
鄙び度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

信州安曇野穂高温泉郷にある「しゃくなげ荘」は、赤松林に囲まれた市営の温泉宿泊施設です。いや、宿泊施設でした。というのも、訪れたときには宿泊施設だったのですが、そのあとすぐに日帰り入浴施設に生まれわかっていました。派手な雰囲気はありませんが、素朴で落ち着いた雰囲気のある味わい深い趣きがある小さな宿です。最初はすぐ隣接する温泉施設、穂高健康温泉館に行こうと思っていたのですが、メンテナンス中ということでこちらの宿のお風呂にお邪魔しました。
たまたま大雪の日に訪れてしまい、街中から離れていることもあってここまでくるのもだいぶ難儀しましたが、なんとか無事に辿り着くことができました。館内に入ると一昔前の田舎旅館というか、どこか郷愁の漂う懐かしい佇まいです。受付には誰もいませんでしたが、呼び鈴を鳴らすとすぐに奥から人が出てきました。こんな足元の悪い中ありがとうございますと、丁寧に受付をしてくれて、人情も感じられとても好印象でした。
さっそく浴場へと向かいますが、木造の館内は歩くたびにミシミシと音がする、なんとも風情たっぷりの演出です。いや、演出というかただ古いだけかもしれませんが、上品な年季の入り方が妙に味があります。だいぶ期待させる雰囲気ですが、浴場の入口は意外にも質素です。とても小さな扉がポツンとあるので、すごく小さな浴場なのかと思うぐらいです。
脱衣所に入ると、手前側に脱衣棚、そしてガラス窓越しに浴室が見えるのですが、脇に拡張されたかのように細長い部屋があり、そこにも脱衣スペースと棚がありました。貴重品は浴場入口前のロッカーを利用します。浴場に入るとまず正面に湯舟があるのですが、その壁の向こうにも浴室があるようです。確認してみると、壁の裏側に湯舟があります。壁の仕切り具合から想像するに、もともと別々の浴場だったものをくっつけて大きくしたような感じでした。
手前側の湯舟は御影石の縁で、ホームベース型をした湯舟です。奥の湯舟は歪な形をした岩風呂となっていました。手前の湯舟にはあつめの湯と書かれているとおり、けっこうジンジンと熱を感じる高温の湯でした。無色透明ながらも肌の表面がヌルっとする滑らかな湯で、熱いながらも極上の湯です。奥にある岩風呂はどうかというと、手前が「あつめの湯」だったのでぬるめなのかと思いきや、こちらも高温でほとんど同じくらいの温度でした。
先客の話によると、たまにこちらの方が熱いときもあるとのことでした。湯はたっぷりと注がれ、そして湯舟からそのまま溢れ出ています。脱衣所の説明によると、加水、循環しながらも掛け流しにしているそうです。体もすっかりとポカポカになり、とても暑いくらいでした。夏の避暑なんかにも良さそうなところだし、古いながらもボロくはなく、味のある雰囲気なので、情緒を楽しみながら宿泊してみるのもいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.