きぬの宿志季大瀞(栃木県) 
きぬのやどしきおおとろ

DATA
所在地栃木県日光市小佐越
入浴 2014年1月
泉質 天然温泉ではありません
形態 観光旅館 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
優雅度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

きぬの宿「志季大瀞」は、鬼怒川温泉の南側手前、鬼怒川沿いにある小さな旅館です。とりっくあーとぴあ日光や、日光鬼怒川3D宇宙恐竜館、日光江戸村など、遊び場所にも近くてとても便利な宿です。国道沿いなので鬼怒川温泉の玄関口とも言えるところにあります。国道を走っていると、この宿の看板が目に入るのですが、日帰り入浴可能と書かれた看板が気になります。
見た目には高級そうな雰囲気の宿なのですが、積極的に入浴も受け付けてくれている宿のようです。雰囲気の良さに惹かれて入ることにしました。モダンながらも落ち着いた品のある閑静な佇まいで、そんなに小さな宿というふうには見えないのですが、客室は6室程度とのことでゆとりをもったつくりのようです。浴場は男女別の浴場の他、展望風呂という貸切風呂もあるようです。今回は男女別の浴場に向かいます。
館内に入ると玄関先で宿の人に出迎えられますが、立ち寄りの客なのにとても丁寧に扱ってくれます。正面はロビーになっていて、その先のガラス窓からはダム湖になった緩やかな流れの鬼怒川を見下ろせます。この緩やかな流れの部分を大瀞と呼ぶそうで、そこから宿のネーミングになったそうです。川面に覆いかぶさるように対岸の緑が豊かで、なかなか優雅な雰囲気がありました。浴場は玄関右側の廊下途中にありました。
脱衣所を抜けてさっそく浴場に入りますが、旅館の浴場にしてはわりと小ぢんまりとた印象を受けます。確かに部屋数から考えれば、他に貸切風呂もあるので、これくらいでいいのかもしれません。洗い場は3カ所、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーが用意されています。湯舟は5〜6名はゆったりと入れるくらいの大きさです。窓ガラスが大きくてとても明るい雰囲気がありました。内湯の外側には露天風呂があります。
こちらは岩風呂になっていて、内湯と同じくらいの大きさでしょうか。小ぢんまりとはしながらもなかなか風情のある佇まいです。湯舟の先は庭木があり、そしてその先には川面が見えました。対岸は森になっているので、とっても穏やかでゆったりとした雰囲気を味わいながら湯に浸かることができます。ふと、ここのお湯はキュッとしていて、あまりあたたまらない湯だなぁと思っていたのですが、実はここの湯は天然温泉ではないようです。
鬼怒川温泉も近いし、入浴の看板が大きく出ていたのでてっきり天然温泉の施設かと思っていました。確かに温泉分析表もなかったので、不思議に思っていたところでした。しかしながら、雰囲気はとてもいいし、お湯だってけっして消毒臭がキツイわけでもない、行楽と交通の利便性も考慮したら、とてもいい旅館です。レジャーの帰りにプラッと立ち寄ってもいいし、じっくりと腰をすえて創作会席に舌鼓を打ってもいいでしょう。観光の拠点として穴場的な存在かもしれません。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.