黒部温泉・四季の湯(栃木県) 
くろべおんせん・しきのゆ

DATA
所在地栃木県日光市黒部
源泉名四季の湯
入浴 2014年1月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉48.9度
PH 9.8
蒸発残留物134.7mg/kg
形態 ドライブイン併設の露天風呂施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度☆☆☆
素朴度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

川治温泉から川俣温泉方面に向かう途中、鬼怒川の黒部ダムを過ぎたぐらいのところに栗山観光ドライブインがあります。そのドライブインの裏手に「元湯 四季の湯」という温泉施設があります。周囲を山々に囲まれ、すごく長閑な雰囲気の場所です。わりと小ぢんまりとした温泉施設ですが、朝は早くから営業しているので、行楽ついでに立ち寄るにもとても便利なところです。
今回は年明けの寒い時期に訪れました。道路脇には雪が残っているものの、ここのところ晴天が続いているので路面には雪がほとんどありません。冬季ということである程度覚悟していたのですが、意外と楽にアクセスできました。暖簾をくぐって館内に入るとチャイムの電子音が鳴り、隣のドライブインから人が出てきて対応してくれました。この時季は客が少ないのでしょう。
確かに私の他に客はいませんでした。館内はまずは休憩室があります。ゆったりとしているので、のんびりと過ごせそうです。浴場はこの奥のようです。さっそく奥の扉を開けると、そこから真っ直ぐに廊下が続いていました。廊下を突き当たり、さらに角を抜けていくと浴場の入口です。手前側が女湯、奥側が男湯になっていました。脱衣場はこれまたガランと広くて、簡素な棚にカゴが並んでいます。
すごく広くて、ゆったりとというよりはむしろ寒々しいくらいでした。でも、とても素朴感があります。扉を開けるとそこはいきなり露天風呂です。そうなんです、ここは内湯はなく露天風呂だけの施設なのです。露天は岩風呂になっていて、そこそこ大きな湯舟が2つあります。そして妙な開放感もあります。目の前には柵などはなく、そこには鬼怒川の支流、黒部川が流れています。
川は深い谷底を流れているので、湯舟から川面は見えませんが、開けた景色と山々を眺めることができました。また、男湯は脇を通る道路側にあり、黒部橋や対岸の変電所から丸見えっぽく感じます。覗かれるような感じではないので安心ながらも、大らかな雰囲気を味わえました。湯舟には無色透明の湯が高い位置からドバドバと掛け流されています。湯量はけっこう多く、完全な掛け流し状態です。
ほのかに硫化水素系の匂いが漂い、またツルツルっとした浴感もあります。お湯もなかなかの本格派ですね。このとき気温はマイナス7度くらいだったのですが、冷たい空気とあたたかい湯で、とっても快適に過ごすことができました。浴後もポカポカととてもよく温まっていたので、温浴効果も高いのでしょう。
ちなみにこの施設は「10のトリートメント」というのを掲げていて、温泉による温熱効果、森の樹木のフィトンチッド効果、α波、マイナスイオンなど、様々な効果を紹介していました。心も体も癒せる温泉施設ということですね。ドライブインでは各種定食類も揃っているようなので、食事をするのもよし、まったりと休憩してもよし、お土産も買えるので、なんとも便利な温泉施設ですね。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.