黄波戸温泉・黄波戸温泉交流センター(山口県) 
きわどおんせん・きわどおんせんこうりゅうせんたー

DATA
所在地山口県長門市日置上
入浴 2014年1月
泉質 アルカリ性単純温泉
形態 公衆浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

山口県、日本海に面した黄波戸温泉交流センターに行ってきました。国道191号線から県道66号線に入り、黄波戸温泉・千畳敷方面に向かいます。最初にホテルが見えてきますが、交流センターはそこからちょっと山を登ったところにあります。最初、どうしたことか道に迷ってしまってえらい細い道に入ってしまいました。ようやく無事に辿り着きましたが、老人ホームが隣接しているのでそちらに向かえばすぐに見えてきます。
広い駐車場を挟んで老人ホームとは反対側に温泉施設が建っていました。前々から気になっていた温泉施設だったので、もう少し大きいところかと思っていましたが、意外と小ぢんまりとした施設で、館内に入るとすぐ自動券売機があり、受付があります。正面にはちょっとした休憩所もありました。館内にはホールなどもあるようです。脱衣場は鍵のかかるロッカーが並んでいて、洗面台もゆったりしています。
小さな施設かと高をくくっていましたが、そこそこ余裕のある印象です。浴場に入ると、正面には湯舟、手前側に洗い場があります。しかし最初に目に飛び込んでくるのが、湯舟の奥の景色です。奥側は大きくガラス張りになっていて、海の景色が見えるのです。しかも、高台にあるので深川湾を見下ろすような感じで、なかなかの絶景です。これはなかなかいいロケーションです。さっそく体を流して湯舟に浸かることにします。
洗い場はカランが8つ、ボディソープとリンスインシャンプー、固形石鹸が用意されていました。規模としてはやはり小さな施設です。湯舟はそれなりにゆったりとしていて、多少の混雑してもキャパは大きいようです。冬場だったので客は少なかったのですが、夏場などは混雑するのかもしれませんね。湯は無色透明でサラサラした癖のない湯です。透き通ったような透明感のある湯が特徴的です。外には露天風呂もありました。
露天は岩風呂になっていて、先ほどの景色がもっと開放的に味わうことができます。しかしながら、湯舟がけっこう深いというか、湯舟の石垣が高いので、湯舟に浸かってしまうと空しか景色が見えません。せっかくのロケーションなのになんかもったいないです。うまく湯舟を高くして、湯舟に浸かりながらこの景色を堪能できたらよかったのにと思いました。それにしてもこの景色はとっても見事です。
湾になっているので対岸の山々や海岸、砂浜など、パノラマに眺めることができます。ちょっと雲の多い日でしたが、スカッと晴れたらさぞかしダイナミックなことでしょう。この景色を楽しむために、わざわざ入りにくるのもありでしょう。意外と入浴客が少なかったので、穴場的な場所なのかもしれません。ゆっくりと景色を眺めながら温泉を楽しみましょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.