うずしお温泉・美人の湯(長崎県) 
うずしおおんせん・びじんのゆ

DATA
所在地長崎県佐世保市崎岡町
源泉名ザ・パラダイスガーデンサセボ
入浴 2013年12月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩泉
泉温 源泉41.0度
湧出量毎分600リットル
PH 7.8
蒸発残留物2.202g/kg
形態 ホテル併設の温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

年末の休みを利用して九州へと遠出。そこで長崎県佐世保にある「うずしお温泉 美人の湯」にやってきました。ナビを頼りにアクセスしますが、辿り着くととても大きなリゾートホテルが見えてきました。てっきり郊外型の一般的な日帰り温泉施設だと思い込んでいたので、場所を間違えたかとびっくりしました。恐る恐る周りを見渡すと、確かに温泉施設の看板もあります。
実はホテルに併設する温泉施設だったようです。ホテルの正面右側の階段をのぼると温泉施設の入口があります。館内に入るとフロントがあり、そのフロアは売店になっていました。地元の物産を扱った売店で、ホテルの宿泊者もお土産に買い物をしているようでした。フロントで脱衣場のロッカーキーを受け取り、階段でもうひとつ上のフロアまで行きます。
浴場入口前には広間の休憩室もあり、のんびりと過ごせそうな雰囲気です。脱衣場は細長いスチールロッカーがズラッと並びます。大型のホテルなので、キャパシティもたっぷりでけっこうたくさんのロッカーが並んでいました。洗面台もさすがホテルの施設だけあって、明るくきれいで設備も充実した印象です。浴場はシックな御影石を基調としたデザインで、リゾートホテルらしい高級感があります。
ボディソープ、シャンプー、コンディショナーの揃った洗い場が左側にあり、右側にはサウナ、水風呂、掛かり湯があります。そのまま正面に向かうと、円形のジャグジー風呂があり、寝湯、大きな主浴槽と続きます。さっそく体を流して湯舟に向かいますが、浴室内は足元がけっこう滑りやすくなっているので注意です。というのも、実はここの温泉はツルツル、ヌルヌルといった感触が特徴の、いわゆる美人湯なのです。
湯舟に浸かった瞬間、全身をヌメリというか、ヌルッとした浴感が包み込みます。石鹸をつけたまま入浴しているのかと思うくらいヌルヌルした肌触りです。でもそのわりに湯はサラッとしていて、やや重たい印象の湯でした。このヌルヌル感は見事なもので、このままずっと浸かっていたら、いつか溶けてなくなってしまうのではないかと思うくらいです。浴室の脇には小さいながらも露天風呂もあるようです。
こらちはちょっと狭い空間ですが、空を眺めながら入れる湯舟があります。一部、ホテルの部屋からも見えそうな気がしますが、男湯だからあまり気になりませんね。壁が高いので空しか見えないのかと思いきや、壁にはぽっかりと穴が開いているので外を覗きこむこともできます。さっそく覗いてみると川というか運河のような水辺の景色を眺めることができました。
もうちょっと開放的に景色が眺められればポイント高いんですけどね。少し残念です。しかしながらもう少し足を延ばせばハウステンボス。観光の拠点として、リゾート気分満載のホテルです。立ち寄りではもったいないかなと思うくらい、いい湯だったので、どうせなら宿泊して利用するのがおススメです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.