庄内温泉・筑豊ハイツ(福岡県) 
しょうないおんせん・ちくほうはいつ

DATA
所在地福岡県飯塚市仁保
入浴 2013年12月
泉質 単純弱放射能冷鉱泉
泉温 源泉16.5度
PH 6.7
形態 公共の宿 男女別
効能 リウマチ性疾患、痛風および尿酸素質、動脈硬化症など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

筑豊ハイツは飯塚と田川の中間付近にある公共の宿泊施設です。湖やゴルフ場が近くにあり、また屋内・屋外のテニスコートを併設しているなど行楽の宿としても便利なところにあります。どうもスポーツの印象が強く、あまり温泉というイメージは少ないところですが、浴場には天然温泉が引いてあり、日帰りでの入浴も可能となっています。
実は以前にも立ち寄ろうかと宿の前まで来たことがあったのですが、駐車場がいっぱいで人が多かったので諦めたことがありました。今回はタイミングがよかったのか、とても空いている時間帯に訪れることができました。アクセスもとても楽で、飯塚からだと国道の坂道をのぼって運転免許試験場を過ぎたあたりに看板が見えてくるので、左折すればすぐそこです。
緑地公園の脇にあるので、遊んだ後に汗を流すにもいいかもしれません。館内に入ると、やはり普通の宿のような雰囲気なのですが、フロントの脇に自動券売機があるので入浴券を購入してフロントで受け付けをします。浴場はそのまま廊下を進んだ先にありました。思っていたよりも小ぢんまりとした脱衣場で、シンプルに棚にはカゴ、そしてコインロッカーがありました。
洗面台は手前側の狭いスペースにありました。浴場へはふたつの扉を開けて入るのですが、手前側のは手動、そして浴室側の扉は自動ドアになっていました。統一されていないところが不思議です。浴室は脱衣所の規模からすると大きいかもしれません。壁際に洗い場エリアがあり、正面にゆったりとした湯舟が構えています。また、手前側には水風呂とサウナもありました。
湯舟はひとつしかありませんが、その手前にジャグジーがあります。ジャグジーは八角形をした洋風のポリ浴槽で、グルグルと洗濯機みたいに湯が流れていました。主浴槽の方は横幅が6メートルぐらいあるゆったりとしたもので、悠々と手足を伸ばして湯に浸かることができます。湯舟はガラス窓際にあり、外には箱庭のような空間はありますが、景色を楽しむってほどのものでもありません。
ただ、明るいので浴室内も明るくなりますね。湯は無色透明のサラッとした湯です。見たところ何の変哲もない湯で、浸かっていてもそれほど特別な浴感はありません。気にならない程度の消毒臭がするくらいで、あれ?ここは温泉じゃなかったっけ?って疑ってしまうぐらい微妙です。内側からポカポカとあたかくなるといった感じももなく、特に保温効果に優れているって感じでもないような、印象の薄い湯です。
しかしながら実は弱放射能泉ということで、目に見えない効果が期待できるそうです。いわゆるホルミシス効果ですね。特にリュウマチや痛風に効果があるそうです。浴後はレストランで食事をするなんてこともできます。ホテルの入口のところにレストランがあり、筑穂牛など地元の食材を利用した定食がいくつかありました。テニスや緑地公園で遊んで、温泉入って食事するって利用法もいいかもしれませんね。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.