馬場温泉・楠の湯(静岡県) 
ばんばおんせん・くすのゆ

DATA
所在地静岡県伊豆市土肥
源泉名土肥温泉(混合泉)
入浴 2013年11月
泉質 カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物温泉
泉温 源泉57.8度
PH 8.4
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

土肥温泉は伊豆の西海岸にある活気ある大きな温泉地です。かつては金山の町として賑わっていたそうで、今でも土肥金山という観光名所もあります。今では観光地としては人気はあるものの、とても静かで落ち着いた雰囲気で、温泉と漁業の町といった感じです。土肥温泉にはいくつかの共同浴場がありますが、馬場地区にある楠の湯は、地元民にも観光客にも人気の共同湯です。
とても小さく素朴な浴場なので、ちょっと混雑するといっぱいいっぱいという感じですが、ローカルな雰囲気を味わうにはちょうどいい大きさの共同湯です。国道からはちょっと路地に入ったところにあるので、予め場所を確認しておかないとわかりづらいかもしれません。駐車場もあるのですが、とても狭くて数台分しかありません。今回は運よく空いている時間帯に訪れることができました。
帰る頃には駐車場に入る車と出る車が入り乱れていて、駐車に苦労しているようでした。浴場は建物の入口前に自動券売機があり、右側の扉が女湯、左側の扉が男湯となっています。中に入るとすぐ番台があり、正面が脱衣所という感じです。脱衣場は棚が並び、そんなに狭くはないものの素朴さがあって落ち着きます。曇りガラスの戸を開けると内湯があります。
内湯はカランが3基だけ、そして小さな湯舟がひとつといった、非常に小ぢんまりとしたものです。そのわりにイスや桶が多かったのは、湯舟から直接に湯を汲んで体を洗うためなのでしょうか。ボディソープなどの石鹸類は備え付けがなく、各自持ち込む形式になっていました。さっそく体を流して湯舟に浸かりますが、これがまたビシッと身が引き締まるぐらいの、やや熱めの湯です。
熱いのですが、無色透明のサラサラした湯だったこともあり、そんなに熱いと感じないちょうどいいぐらいの熱さでした。湯舟は大人が3人も入ればいっぱいという感じです。タイミングが良かったので、窮屈することなく利用できました。とっても素朴な浴場ですが、男女を仕切る壁には牧水の詩が書かれていました。歌人の若山牧水は土肥温泉をこよなく愛したことで知られています。
近くにある牧水荘は、かつて牧水の常宿だったそうです。地味すぎず派手すぎない素朴な風土が気に入ったのでしょうね。ほんのワンポイントですが、浴室内に情緒を感じさせてくれますね。それからこの浴場には小さいながらも露天風呂があります。奥側の戸を開けると1.5メートル四方ぐらいの湯舟がありました。庭を眺めながらゆっくり浸かれる湯舟ですが、こちらは内湯よりもずっと温度が低かったです。
ぬるすぎるというほどではありませんが、内湯とはだいぶ温度が違いました。子どもたちは露天の方がいいかもしれませんね。露天は照明がないので、内湯からの漏れた明かりだけが照らしていて薄暗い感じです。でもこの方が落ち着いて湯舟に浸かれる感じですかね。行楽帰りにプラッと立ち寄っていきたい、そんな素朴な共同湯でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.