熱川温泉・熱川ほっとぱあーく(静岡県) 
あたがわおんせん・あたがわほっとぱーく

DATA
所在地静岡県賀茂郡東伊豆町熱川
入浴 2013年11月
形態 足湯施設 混浴
脱衣所なし(多目的トイレあり)
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

伊豆半島の東海岸、湯けむりに包まれた熱川温泉は源泉温度100度という高温の温泉が湧き出す湯量豊富な温泉地です。温泉としての歴史も古く、江戸城を築いた太田道灌が発見したと伝えられる老舗の温泉地です。平地のほとんどない狭隘な温泉地ですが、ところ狭しと旅館や土産物屋などが並んでいてとても活気付いた観光温泉地です。
熱川温泉の海岸沿いには「熱川ほっとぽあーく」という足湯公園があります。熱川を流れる濁川の河口右岸、権現橋のところにあります。大きな温泉櫓があるのでとても目立つ存在です。足湯公園というだけあって、湯舟もひとつではなくいくつもあります。また、ただ単に足湯として楽しむだけではなくいろいろと工夫が施されていて、足湯と足湯の間には素足で歩くと、凸凹で足の裏が刺激される足ツボの歩道があります。
また、海外に向けられた海を眺められるベンチがあったりと、散歩の途中にプラッと立ち寄るにはちょうどいい感じです。また、すぐ裏には公衆トイレもあるので、何かと便利なところです。これで無料で利用できるのだから、とてもありがたいです。足湯の湯舟は大きめのものから小さなものまでいくつか湯舟があり、そこそこ人数がいても楽しめるようになっていました。
それぞれの湯舟はコンクリートで固められただけのとてもシンプルなものですが、それぞれ形の異なった湯舟があって、それなりに楽しめます。湯は循環されていると書かれていて、上流側から大量に流されています。循環されているといっても、源泉を追加しながら利用しているようで、常に綺麗でちょうどいい温度の湯が流れていました。欲を言えば、もうちょっと熱めの湯の方が好みなのですが、少しぬるめに感じます。
冬場だったこともあってぬるかったのかもしれません。余談ですが、この足湯の周辺はやたらとネコが多いです。とても人懐っこいところをみると観光客に餌付けされているのでしょう、どのネコもふっくらとしています。ネコとじゃれながら足湯を楽しむことができました。海の景色とネコってとてもマッチしている気がします。やっぱり海辺の町なんだなぁと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.