妙義温泉・妙義ふれあいプラザ もみじの湯(群馬県) 
みょうぎおんせん・みょうぎふれあいぷらざ もみじのゆ

DATA
所在地群馬県富岡市妙義町妙義
源泉名もみじの湯
入浴 2013年11月
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉
泉温 源泉16.5度
湧出量毎分2.0リットル
PH 7.7
蒸発残留物14.1g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

群馬県南部にある妙義山は、奇岩が(そび)え立つ景勝地として有名な観光地です。700万年前の火山が風化浸食して出来たという荒々しい岩肌は、とても神秘的で霊験あらたかな雰囲気があり、山岳信仰の対象としても親しまれていたそうです。山の中腹、急な階段をのぼったところに妙義神社があり、そのさらに山をのぼったところに「妙義ふれあいプラザもみじの湯」という日帰り温泉施設があります。
登山やハイキングで疲れた体を癒すのにとっても便利なところにあります。しかも、平野部を見渡せる大パノラマの景色も楽しめるというから、観光ついでにプラッと立ち寄ってみるのもいいかもしれません。山の上にある温泉施設ですが、そんなに小ぢんまりとした雰囲気でもなく、しっかりとした大きな建物です。館内に入ると、フロント奥のロビーからはその自慢の景色が眺められ、なかなか雰囲気もいいようです。
今回は昼過ぎぐらいの明るい時間に訪れたかったのですが、来る途中でクルマがパンクしてその対応で遅くなってしまい、真っ暗な夜に訪れることになりました。優雅な景色を楽しみにしていたので残念だなぁと思っていたところ、夜になると今度は夜景が綺麗なようです。宝石をちりばめたような、なんて例えがまさにピッタリの、とてもロマンチックな景色が楽しめるようなのです。それはそれで楽しみなのでさっそく中に入ることにします。
館内は右奥側には食事のできる大広間があり、左奥に浴場がありました。脱衣所は意外と小ぢんまりとしていて、棚に籠が並んだシンプルで素朴なところです。一部、ロッカーがありますが、こちらは有料のコインロッカーです。浴室はまたこちらもシンプルというか、あまり飾り気のない印象です。正面にゆったりとした湯舟がひとつ、そして左奥にはボディソープ、リンスインシャンプーの用意された洗い場があります。
外観から想像していたよりも小ぢんまりとした印象を受けましたが、またそれにもかかわらずとてもゆったりとしています。今回は平日だったのですが、紅葉のシーズン中にもかかわらず、ほとんど人がいません。平日は穴場だと評判を聞いていたのですが、おかげさまでのびのびと入浴することができました。湯舟は無色透明のサラッとした湯があり、ちょっと消毒臭があるものの、ツルッとした滑らかな浴感も楽しめます。
湯舟の外側は大きなガラス窓になっていて、ガラス越しには自慢の夜景を見ることができます。しかしガラスには水滴がいっぱいで雲って視界が悪くなっているので、やはり外の露天風呂から楽しんだ方がいいでしょう。露天はけっこう広めのスペースがあり、そのに半分は涼めるようにベンチのあるエリアとなっています。そしてもう半分はゆったりとして開放的な岩風呂になっていました。
目の前にはちょっとした垣根はあるものの、開けた視界からはキラキラと夜の街が眺められ、なんとも風情を感じます。都会のネオンというほどの景色ではありませんが、川のように筋状に明かりが浮かび上がってとても綺麗でした。あまり夢中になってしまうと、湯冷めしてしまいそうなぐらい、いい雰囲気でした。観光地のとてもいい場所にあるので、週末などはそれなりに賑わうかもしれませんが、立ち寄って損はない、そんな温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.