磯部温泉・恵みの湯(群馬県) 
いそべおんせん・めぐみのゆ

DATA
所在地群馬県安中市安中
源泉名恵みの湯
入浴 2013年11月
泉質 含銅・鉄(II)-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩強塩温泉
泉温 源泉52.6度
湧出量毎分149リットル
PH 7.1
蒸発残留物28.3g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

群馬県安中市にある磯部温泉は、温泉マーク発祥の地として知られる老舗の温泉地です。温泉街そのものはけっこう地味で、田舎町の静かな温泉地という素朴な印象の温泉です。「恵みの湯」はモダンな雰囲気が感じられる大きな建物で、平成13年(2001年)にオープンしたという新しい市営の日帰り温泉施設です。平たくした半円柱を逆さにしたような屋根のエントランスがとても印象的でした。
館内は意外とさっぱりとしたというか、ゆったりとした空間のロビーにフロントがあり、前料金で受付を済ますとバーコードの書かれた札が渡されます。利用時間により料金が変わるので、その管理のためのようです。札は帰りにフロントで下足箱の鍵と引き換えるシステムになっていました。左手奥には大広間の休憩室があり、右手側に浴場がありました。また、地下におりる階段があり、その先には塩砂風呂というのがあるそうです。
こちらを利用するには予約が必要だそうで、今回は利用しませんでした。脱衣所はそれぞれに鍵のついたスチールロッカーが並びます。ひとつひとつがわりと大きめのロッカーなので、手荷物もらくらくと入ります。浴室は洋風と和風があるようで、定期的に男女が入れ替わるのでしょうか、今回は洋風の浴場となりました。まず浴室に入ると、手前側に掛かり湯があり、右側には大小の湯舟が並び、左側に洗い場が並んでいます。
左手前にはサウナも水風呂もあり、シンプルな浴場ながらも設備もしっかりとした印象です。天井が高めで中規模ながらもゆったり感のある浴場です。床は天然石の石畳になっていて、淡いクリーム色というか、アイボリーというか、薄い茶色系の落ち着いた雰囲気の石が使われています。湯舟も同じように石畳になっていて、真ん中に噴水のような塔が突き出て、古代西洋風を感じさせる演出となっていました。
細部にこだわった演出というわけでもないのですが、素朴ながらも洋風をうまく再現しているようでした。湯舟は手前側の小さい湯舟は少しぬる目、そして奥の大きな湯舟が熱めの湯となっています。微妙に黄色いような気もする程度の無色透明の湯で、意外に感じるほどツルンとした滑らかな浴感があります。ベトつく感じではなく、ほんとツルンとした軽い感触の滑らかさです。そのうえ、しっかりとした塩味とえぐみがあり、とても個性的な湯です。
見た目には大人しそうな湯ですが、湯舟の縁などは鍾乳石のようにちょっとした温泉成分のコーティングが見られ、なかなかインパクトのある湯でした。外側にはゆったりとした大きな露天風呂もあります。露天には2つの打たせ湯も設置されていました。大きく突き出た(ひさし)が天井のように覆っているので、露天ではありながらも風がなければ雨や雪などは凌げそうです。
とても風情のある温泉ですが、すぐ脇を通る道路は思った以上に交通量があるようで、クルマの往来が激しく少し耳に障ります。また、囲いも高いので景色なども期待できないのが残念です。しかしながら、とてもあたたまりのいい湯なので、吹きぬける風がとても気持ちがいいです。館内にはレストランもあるので、ゆっくりと食事をしながら過ごすのもいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.