烏山城温泉(栃木県) 
からすやまじょうおんせん

DATA
所在地栃木県那須烏山市大桶
入浴 2013年10月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

田園地帯の広がる那須烏山市の郊外、烏山城カントリークラブというゴルフ場に併設された日帰り温泉施設が「烏山城温泉」です。小高い丘の上にゴルフ場があるので遠くからでも目立つ存在で、温泉施設はこの丘を上がる途中にあります。入口から想像すると小ぢんまりとした印象がありますが、ゆったりと寛げる立派な施設です。駐車場はけっこう広いので、それなりにキャパはありそうです。
館内に入ると左手前に受付があり、正面は食事処兼休憩室が広がっています。浴場へは右手前側の階段を降りて階下へと向かっていきます。脱衣所はコイン返却式のロッカーが並びます。平成21年(2009)にオープンしたというまだ新しい施設なので、とても清潔感に溢れる気持ちいい施設です。さっそく浴室に入ると、そんなに広いわけでもないのに、何だかガランとするゆったりとした空間の内湯です。
しかしけっして何もないわけでもなく、大きな主浴槽の左脇には圧注浴などのマッサージバスがあり、奥にはボディソープ、リンスインシャンプーの用意された洗い場、そして水風呂とサウナもあります。それから何となく平衡感覚が狂うような妙な違和感があるのですが、それは浴室全体がゆるい斜面になっているようでした。湯舟側が高く、洗い場側が低くなっています。
湯舟から湯が大量に溢れ出ているのなら、豪快なイメージがあっていいのですが、決して湯舟からは溢れ出る様子はありません。消毒臭も少なからずあるようなので、循環されているのでしょう。シンプルながらも何だか不思議な雰囲気の浴室です。湯舟の湯は無色透明で、微妙にツルツルとした軟らかい浴感があります。特に味覚に気になるような特徴はありませんでした。
露天もあるようなので外に出ると、こちらは半円形の大きな岩風呂と、屋根のついた壺風呂が2つありました。周囲を植栽で囲んでいるので、僅かながらに長閑な周辺の田園風景を楽しむことができます。稲刈りも終わったはがりの田んぼから、草の香りが漂ってきていました。とっても静かな環境にあり、館内には歌謡曲やポップスのオルゴールサウンドが流れていたりと、とてもリラックスした雰囲気でとても落ち着きます。
露天の壺風呂は少し熱めかなというぐらいで、ちょうどいい温度だったのですが、常連らしき人が「今日は熱い、こんなの初めてだ」と言っていました。普段はぬる目に設定されているようです。前日がとても寒い日だったので、温度設定を上げていたのかもしれません。露天の岩風呂はザバザバと湯が注がれ、反対側の縁から大量に湯が溢れ出ていました。見たところ掛け流しのように見えます。
内湯よりも消毒臭が強いように感じたし、湯舟の底にも吸い込み口や噴出し口があるので、実際に掛け流しになっているのかどうかは不明です。時折、湯口の湯の勢いが弱くなり、ぬるま湯がチョロチョロと流れるときがあります。少しずつ源泉を投入しながら流しているのかもしれませんね。全体的にとてもゆったりとした雰囲気があり、ゆっくりと入ることができました。週末ともなると混雑するかもしれませんが、とてもいい雰囲気の温泉施設だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.