越後湯沢温泉・駒子の湯(新潟県) 
えちごゆざわおんせん・こまこのゆ

DATA
所在地新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
源泉名湯沢温泉事業有限会社第1配湯所
入浴 2013年10月
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉57.9度
PH 8.1
蒸発残留物1068mg/kg
形態 公衆浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
素朴度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

越後湯沢の市街地、住宅街の中にポツンと佇む「駒子の湯」は、切妻屋根の素朴なスタイルの共同浴場です。越後湯沢には外湯と呼ばれる共同浴場がいくつか点在し、温泉めぐりも楽しめる観光スポットです。温泉巡りを楽しむ観光客も多いので、それを意識したような大型の温泉施設を想像しがちですが、派手な印象はなくとても地味で目立たないようなロケーションにありました。
けっして不便な場所にあるわけではないので、スキーや行楽帰りにプラッと立ち寄るにはちょうどいい施設かもしれません。民芸調の古風な建物ですが鄙びた印象はなく、むしろ洒落た素朴さをアピールしているように感じます。「駒子」とは川端康成の小説「雪国」に登場するヒロインです。小説の世界をイメージするような古風な佇まいがとても魅力的です。
とても小ぢんまりとした施設ですが、館内にはちょっとした休憩室や「雪国」を紹介する展示コーナーもあり、それなりに充実した施設です。規模は小さいので、ちょっと人が多いと混雑してしまいますが、空いている時間帯や時期を選べば快適に過ごせそうです。脱衣場は簡素な棚が並ぶだけです。貴重品は廊下側にあるコインロッカーを利用しましょう。浴場もまた非常にシンプルな感じです。
内壁側に洗い場が並び、大きな長方形の湯舟がひとつだけあります。窓はそこそこ大きいのですが、塀も高いので、付近の山が少し見える程度です。また、外側にはベランダ状のスペースがあるのですが、扉はあるものの鍵が閉まっていて外には出られないようです。一見すると露天風呂でもあるのかと思ってしまいますが、砂利が敷かれただけの空間となっていました。
拡張すれば露天風呂を作れそうな感じなので、将来性を見込んでスペースだけは確保していたのでしょうか。内湯は無色透明のサラッとした湯が注がれています。気になるような浴感もなく、とても癖のない湯です。こういった施設なので仕方ないのかもしれませんが、少々、消毒臭が強いようにも感じました。あまりインパクトのない湯なので、しっかりと温まらないと湯冷めしてしまいそうな湯です。
冬場は特にじっくりとあたたまった方がいいでしょう。浴室内はとてもシンプルで清潔的ですが、天井は高く、また雪国の古民家らしい太くて立派な梁が天井を支えていました。雰囲気はとてもよく、リラックスムードで温泉を楽しむことができます。冬場はスノーリゾートとして名高い地域なので、凍えた体を癒しに訪れるにはちょうどいい施設です。混雑する時間帯を避けて利用するのがいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.