寺泊きんぱちの湯(新潟県) 
てらどまりきんぱちのゆ

DATA
所在地新潟県長岡市寺泊松沢町
入浴 2013年9月
泉質 天然温泉ではありません(佐渡海洋深層水)
形態 入浴施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

寺泊きんぱちの湯は、寺泊水族博物館の近くにある大型の温泉施設です。日帰り温泉施設として営業しているのですが、宴会や宿泊もできる多目的な温泉施設です。とても目立つ大型の施設で、海釣りの帰りに立ち寄ってみました。玄関前には足湯施設もあり、そこには佐渡海洋深層水の説明が書かれています。そうなんです、ここは天然温泉ではなく海洋深層水を利用した入浴施設なのです。
それでも多彩な湯舟があり、設備もしっかりとしているということで人気があるそうです。館内に入るとフロントではシューズロッカーの鍵と引き換えにリストバンドを受け取ります。館内での飲食はこのリストバンドの番号で精算するようです。正面に食事処もあり、ここでは寺泊ならではの新鮮な魚介類を食することができます。さっそく食事を済ませてから浴場に向かいました。脱衣所はスチール製のロッカーが並び、そこそこ広めで大きいです。
洗面台は三方を鏡で囲まれた小部屋が別に用意されていました。浴場もまたそこそこ広めのゆったりとした雰囲気があります。そして窓際にはいくつか湯舟が並んでいるのですが、手前側はバブルバスと寝湯、長方形の大きな主浴槽、そして奥には真っ白に濁った美肌の湯があります。また、ベンチ型の大きな座湯もあり、ちょっとしたスーパー銭湯並みに設備が整っている印象を受けました。
また、洗い場もボディソープとリンスインシャンプーが用意されていてゆったりとしていたり、サウナや水風呂まであります。では片っ端から湯舟を楽しもうと湯めぐりスタート。そこでいきなり驚いたのが主浴槽です。中に入るとスベスベとした滑らかな浴感があるのです。壁にはアルカリ性単純泉と書かれています。あれっ?ここは天然温泉ではなかったような。と思ってよく見ると、これは人工温泉なのだそうです。
妙な入浴剤よりも違和感がなく、とても気持ちよく利用できました。乳白色をした美肌の湯は、ミクロの泡によるもので実際の湯は無色透明です。マイナスイオンでリフレッシュ、ミクロの泡で毛穴の汚れも落ちるといった優れものの湯でした。外には露天風呂もあります。こちらは岩風呂になっていました。こちらの湯も海洋深層水を利用しています。さっそく入りますが、無色透明の湯はしっとりとした浴感で、かなり塩辛い湯です。
深層水は海の水なのですが、海水浴のあのベトベト感がないのでとても爽快に入浴することができます。ところが単なる海の水とは違うのでしょうね、小さな擦り傷やどがめちゃくちゃ沁みます。段々とズキズキするぐらい痛いのです。昼間に堤防で転んだときの傷が、鳥肌がたつくらい沁みました。ちなみに露天のすぐ外側は堤防です。
海を眺めながらの入浴が楽しめます。残念ながら日没後に入ったのですが、これならちょうど沈む夕陽を眺めながら入浴できそうです。今日はすごく天気が良くて、水平線に消えてゆく夕陽が楽しめた日でした。入浴しながら夕陽が眺められるなんて、最高のシチュエーションですよね。そんなわけで、ここは天然温泉施設ではありませんが、十分に楽しめ、美味しく楽しくくつろぐことができる施設でした。ドライブの途中に、観光の拠点に、大いに活用できる施設でしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.