伊東温泉・松川公園足湯「ふれあいの湯」(静岡県) 
いとうおんせん・まつかわこうえんあしゆ「ふれあいのゆ」

DATA
所在地静岡県伊東市松川町
源泉名松原温泉 松原156号泉
入浴 2013年9月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉
泉温 源泉37.5度
PH 7.6
形態 足湯施設 混浴
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
脱衣所なし
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

伊東温泉は東伊豆を代表する大型の歓楽温泉街です。市内のいたるところに源泉があり、毎分3万リットル以上の湧出量を誇る温泉天国です。大型のホテルから小さな民宿まで、さまざまな形態の宿泊施設が並び、飲食店や土産物屋なども豊富、そして共同浴場なども点在していて、たっぷりと楽しめる観光スポットとして人気があります。その温泉街の中ほど、松川公園という小さな公園の一角にある足湯施設が「ふれあいの湯」です。
街中にある公園なので、駐車スペースはありません。伊東駅からも徒歩5分ほど、宿泊や観光のついでに立ち寄るにはちょうどいいところにある公園です。公園の脇には「なぎさステーション76.3MHz」というFM局もあり、地元の情報発信地というローカルな雰囲気が漂います。足湯は公園の片隅にあるのですが、六角形のレトロな洋風の屋根がとても洒落ています。
規模はそんなに大きいわけでもなく、むしろ小さめなので意外と目立たない印象を受けました。湯舟も屋根と同じように六角形をしていて、周りの腰掛の部分が木造になっています。湯舟はコンクリート製ですが、底の部分に小石が埋め込まれていて、足の裏を刺激しながら足湯を楽しむことができるようになっていました。また、湯舟の中央には円柱状の柱のようなものがあり、その先には手すりがついています。
ベンチに座りながら足湯を楽しむこともできれば、手すりにつかまりながら、足のツボを刺激して楽しむこともできるようですね。湯は無色透明でとても透明感のある湯です。ちょうどいいぐらいの温度ですが、噂によるといつも熱い湯とのことです。でも足湯はやっぱり熱いくらいがちょうどいいと思っているので、足湯としてはいい温度管理だと思います。このときは夏の終わりというか、秋に入ったというのに、めちゃくちゃ湿度も温度も高く、ムシムシとした暑い日でした。
少しぬる目だったのがちょうどいいぐらいで、暑いときに入る足湯もなかなか気持ちが良いものだと、意外な発見がありました。蒸し暑く、肌がベタベタとするので、足元がすっきりするという点で心地よさを感じたのかもしれません。街中の公園の片隅ということもあり、喧騒を感じながらの足湯でしたが、その名のとおり観光客や地元の方々で賑わい、まさにふれあいを楽しみながら入れる足湯だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.